女を性奴隷に育てる上げる裏SEXプログラム

あびる優 結婚相手の親は「お金持ち」

15日に結婚したタレント・あびる優(28)と格闘家・才賀紀左衛門=さいが・きざえもん=(25)が23日、関西テレビの情報番組「ハピくるっ!」に生出演。結婚後初めて夫婦ツーショットでテレビ出演を果たした。

 19日の結婚会見で、結婚に至るまで、1日50回「好きだ!」と熱烈な求婚をくり返していたことを明かした才賀は、この日も「(優ちゃんの)全部が好きです。むっちゃ好きです」とラブラブな様子で求愛。あびるは「いつも『優ちゃん、優ちゃん』なので、私はそこに甘えちゃって、あとは自分のペースでいられる」と幸せいっぱいの表情でのろけた。


矢口真里、不倫騒動認めた!

「週刊女性」でファッション誌の専属モデルU(25)との不倫が報じられた、タレントの矢口真里(30)が21日、CBCテレビ(名古屋市)でレギュラー出演している情報番組「ゴゴスマ―GOGO!Smile!―」(東海ローカル)で、“不倫騒動”に言及した。

 冒頭、司会者から週刊誌の話題を振られた矢口は「すいません、私、世間をにぎわせているようで…」と困惑しつつ「本当に申し訳ないですけど、大丈夫です、頑張ります」と明るく話した。また、共演者から「何かあったんですか?」と質問されると「多分何かあったんだと思います」と素直に答え、夫で俳優の中村昌也(27)との間に問題が生じたことを暗に認める格好となった。

 21日発売の「週刊女性」は、今年2月に矢口がUを自宅に“お持ち帰り”し、翌朝帰宅した中村が寝室で鉢合わせしたと報じている。



篠田麻里子が女帝化 影の総監督就任か

峯岸みなみの熱愛発覚と板野友美の卒業発表で、固いと思われていたAKB48一期生の地盤が揺れている。残るは総監督・高橋みなみとチームAキャプテン・篠田麻里子、そしてチームBの小嶋陽菜だ。
「5人一緒に卒業しよう、と約束していたぐらい結束の固いメンバーたちでしたが、峯岸はあと数年は卒業の意思がなく、逆に板野は昨年から一人での卒業を計画していた。高橋、篠田、小嶋の三人は峯岸同様にまだ当面は居座るでしょう。篠田は1.5期生ですが、AKB結成とともに集結した“オリメン”である彼女たちは、派生グループ含め総勢200人以上の大所帯となった今のAKBでは殿上人扱いで、後輩メンバーやスタッフにとって恐れ多い存在」(芸能記者)

 そんな“殿上人”の中でも篠田は別格だという。世話をしてくれているマネジャーに横柄な態度をとり、名前も呼び捨て、取材中であるにもかかわらずずっとスマートフォンをイジりながら対応するなどの悪評はかねてより聞こえていたが、先日、そんな態度の悪さをプロインタビュアーの吉田豪に暴露されてしまった。1月30日にニコニコ生放送で配信された『居酒屋ナックルズ AKBも日本も下世話に斬るぞ』で、雑誌編集者の久田将義と対談した吉田は、「この前、初めてAKBのトップどころの取材をやった」と言い、そのときの様子を明かした。

 現在公開中の映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』に関するインタビュー取材で、渡辺麻友・高橋みなみ・篠田麻里子の三人を取材したという吉田。いわく「人生で初めてぐらいの強行スケジュール」で、「今夜映画のDVDを見て、明日取材できますか」という無茶ブリかつ、わずか25分の取材時間しか与えられず8ページ分の原稿を執筆、という内容だったそうだが、快諾したという。

 そして取材当日。スタジオに何人ものメンバーが現れて他の媒体も同時に取材進行する中、時間通りに来たのは渡辺一人だった。取材時間は25分しかないにもかかわらず、二人欠けた状態でインタビューはスタート。その後高橋がブーツを手に持ち、裸足で大急ぎで登場し「すみません!」と席についた。ここまではいいとして、最後にやってきた篠田は「ものすごい優雅に」やってきて、謝罪もなかったという。それでもインタビュー自体は順調に進み、「たかみなも篠田もカッコイイことを言ってくれた」そうだが、終了時刻になり吉田が「おつかれさまでした」と挨拶をすると、渡辺は深々と頭を下げて挨拶、高橋も挨拶をしたが、「篠田だけスルー」。ウワサに違わぬ「麻里子様」ぶりだ。また、開始時はきちんと受け答えをしてくれていた渡辺だが、高橋・篠田がそろった途端に「完全に無言」になってしまい、吉田は「うわ、上下関係すげえー!」と驚いたそうだ。

「以前はどんな媒体の記者にも、もう少しきちんと接していたんですけどね。態度がおかしくなったのは去年ぐらいからでしょうか。3月に27歳になるイイ大人が、挨拶もまともにできないなんて後輩に示しがつきません。本来なら高橋が注意すべきですが、それもしない。峯岸熱愛発覚のときもオリメンは峯岸を擁護していましたが、まさに馴れ合いですよ。絆をウリにするのは結構ですが、誰も注意できないから今回、峯岸が熱愛をスクープされるに至った。卒業直後の前田敦子が痴態を撮られたり増田有華が不倫愛をスッパ抜かれたりしている中で、平然と合コンしたり男の家に泊まりに行っているというのは、週刊誌に狙われている芸能人だという自覚ゼロです。本来ならスタッフや総監督の高橋が厳しく注意し警戒を促すべきなのに、それができない現状が丸見えになりました。他のメンバーも全員いつスッパ抜かれてもおかしくない」(前同)

 さらにファンの間では「松井珠理奈を増長させているのは篠田」という観点でも非難の声がある。篠田とSKE48メンバーでAKBチームKも兼任している松井は、10歳以上の年の差があるものの非常に親しく、篠田は「かわいい妹じゅりたん」と松井を可愛がり、松井も「まりちゃん」「お姉ちゃん」と呼んで懐いている。ところが、チームK兼任になったものの、体調不良などを理由にして松井はK公演に昨年7月以降一度も出演していない。しかしAKB、SKEともにシングル曲には選抜され、ドラマ出演やPV撮影、音楽番組はきっちりこなしていることから、ファンの間では「なぜ公演に出ないのか」と不満が膨れ上がっている。そのうえ、1月には松井の同期も含むSKEメンバーが大量卒業を発表したが、松井はそのことにブログなどで言及することもなかった。

「そんな中で、篠田が珠理奈と一緒に遊んでいることをTwitterでつぶやいたので、ファンの不満が爆発。篠田はチームAメンバーなので、『Kの珠理奈にちょっかい出すな』『15歳を夜遊びに連れ回すとかサイテー』といった声が上がりました。後輩を指導すべき立場の一期生で、ドキュメンタリー映画でも後輩を叱咤している様子が映されている。それなのに自分たちは手本になるような態度を示さず、気に入っている後輩とはベタベタして注意もしない。秋元康はよくAKBを『甲子園を目指す高校球児』にたとえますが、こんな先輩のいる野球部で後輩がちゃんと育つとは思えません」(前同)

 秋元康ら上層部の「お気に入り度」で言えば高橋の方が上だというが、一部では篠田の方が総監督よりも強い権力を握っていると言われている。




「篠田は表と裏の顔の使い分けが本当にうまい。先日行われた映画の舞台挨拶では、峯岸の件で壇上のメンバー全員が謝罪したが、篠田は誰よりも深く腰を折って頭を垂れた。表舞台では礼節をわきまえた大人の麻里子様、裏では女帝・マリコ様。前田敦子もAKB時代のワガママぶりは目に余るものでしたし、小嶋陽菜もスタッフをパシリ扱いしたり、『今は取材ヤダ。後にして』とソッポを向いたりと記者泣かせ。見事なまでの天狗集団です」(業界関係者)

資産家殺害事件のウラに関東連合とオリンパス

スイス在住、年収5億円と言われる凄腕ファンドマネージャー
 霜見誠氏と妻美重さんが失踪後、殺害。埼玉県内の宅地で
 埋められ容疑者である桑原隆明、渡辺剛が逮捕された。

 工場で務めながら熊本商科大(現熊本学園大)卒業後、
 新日本証券に勤務。
 職場恋愛で結婚し、その後独立しリヒテンシュタインに
 JAPAN OPPORTUNITY FUNDという私募ファンドを設立。
 年間300億運用し2006年頃には年収5億程収入があったという。

 実家は宮崎で、ごく普通の家庭から
 腕一本で年収5億のセレブ生活。

 しかしリーマンショックでファンドが破綻。
 2008年頃から顧客資産激減により
 訴訟、返金要求などに応えられないトラブルが
 続いていたという。

 この事件のウラには闇社会へ1000億流れたと言われた
 オリンパスが絡んでくる。
 JAPAN OPPORTUNITY FUNDはオリンパスの
 新大株主だった。闇社会のマネーロンダリングを請け負って
 いたとも言われている。
 そして霜見氏は関東連合関係者が経営する「クロニクル」
 という会社の株取引に関わっていた。
 霜見氏は「クロニクル」の新株予約権を引き受けており
 未行使分の大半を譲渡されていた。これにより破綻したファンドを
 復活させ顧客への返金対応に応じる予定だったという。
 しかし「クロニクル」は上場廃止の憂き目にあう。
 JASDAQに届け出た報告書の記載に間違いがあったのだ。
 
 そしてこの「クロニクル」山口もえの元夫、尾関茂雄氏が
 元取締役だったのだ。霜見氏はマネーロンダリング、
 粉飾にかかわる株を扱っていた。
 黒幕の狙いは口封じ。雑すぎる犯行、不用意な盗難品売却や
 クレジット使用は単に実行犯達の小銭稼ぎ。

前田敦子さんのモノマネをしたタレントへ殺害予告

前田敦子さんのモノマネをしたタレントへ殺害予告「ぶっ殺してやるよ!二度とあっちゃんのモノマネするなよ!」


テレビ番組で元AKB48の人気アイドル前田敦子さんのモノマネをしたお笑いタレントのキンタロー。さんのブログで、前田敦子さんの熱狂的なファンらしき人物から殺害予告がされているとインターネット上で問題視されている。


予告したネットユーザーは「ぶっ殺してやるよ!二度とあっちゃんのモノマネするなよ! マジで殺してやるよ! 死ね死ね死ねきめんだよ! あー!もーなんでてめーがテレビにでてんだよ!本当消えろブタ」とコメントし、その後も『殺してやるよ』や『あー殺す』などの名前でコメントの投稿をしているようだ。


なぜこんなにもこのファンらしき人物が怒っているのかというと、キンタロー。さんがする前田敦子さんのマネが「あまりに似ていない」からだという。確かにこのモノマネに対しては他のユーザーからも賛否両論で、コメントには以下のような内容が多数書かれていた。



・キンタロー。さんのモノマネに対するネットユーザーの声
「あの山ちゃんが公認するほど、似ている!! 個性が出ていて、面白かったです!! 手に顔が、バシッとあたるのが面白かったです!! 批判はあるかもしれませんが、頑張って下さい!!」
「元の映像は知らなかったのですけど充分に楽しませていただきました。今後の活躍に期待してますね(・∀・)!」
「うちAKB嫌いやけど別にいいんじゃね?」
「面白かったです。どうして他の芸能人が物まねされてもファンは怒らないのに、AKBだとここまで異常に怒り狂うのかよく分かりません。よほど好きなんでしょうがわざわざ本人のブログまで書き込みにくるという行動も理解しかねます…ここで誹謗中傷を書き込んでもAKBファンのイメージが悪くなるだけなのに 私はすごく面白いと思いました。応援しています。」
「前田敦子のモノマネ辞めて下さぁーい(>___<)」
「本当にあっちゃんが好きだったら本人が嫌がることなんてやんねーだろ!」
「なにモノマネしてんだよ なにがあっちゃんすきだよ そんなんで好きとかいえんのか お前ら二人次したら知らねーぞ」
(キンタロー。さんのブログより引用)

不倫宣言した浜崎あゆみの大誤算

「マロちゃんとは真剣にお付き合いをしています」

 有料会員制サイト「TeamAyu」でそうつぶやいた浜崎あゆみ。お相手は2007年からバックダンサーを務めている“マロ”こと内山麿我(まろか)。2人の熱愛は女性誌で報じられ「隠し事をしているのはもう嫌」と堂々の交際宣言となったわけだが、問題はこの“マロ”が既婚者で、現在妻と離婚裁判の真っ最中ということだ。

 妻はRYONRYON(りょんりょん)という有名なダンサー兼振付師で、倖田來未や安室奈美恵、後藤真希、モー娘らを担当し、07年3月には自ら若手ダンサーの育成やマネジメントを行う会社を設立している。

「その彼女とマロは、昨年2月から離婚訴訟中です。婿養子のマロが離婚を求め、一審は勝訴。しかし、10月31日に妻が控訴し、ドロ沼化している。法廷では、浜崎さんの名前も飛び交っています」とはワイドショー関係者。

 あゆにしてみれば熱狂的なファンに「どんな困難があっても“愛”の力で乗り越えられる」という新たなスタイルを発信したつもりなのかもしれないが、一般的に見れば、あゆの発言はただの「不倫・略奪宣言」にほかならない。

 芸能界では石田純一が過去「不倫は文化」と語り、大バッシングを受けた。
「頭が痛いのはエイベックスですよ。当初、マスコミの問い合わせに『恋人ではありません』と否定していたのに、あゆ本人が夜になって認めちゃったんですから。彼女のために否定した同社社員は『もう勝手にしろよ!』と言いたいところでしょう」(音楽関係者)

 現在のあゆは“悦状態”に入っていて、周囲が見えていないのかもしれないが、今後仕事面で影響が出ることは必至。スポーツ紙記者は「CMスポンサーは軒並みそっぽを向くでしょうね。“当確”といわれている年末の『紅白歌合戦』も、もしかしたらわかりませんよ」と指摘する。よかれと思ってしたことが、結果的に自分の首を絞めることになってしまったようだ。

青山学院中等部の壮絶少女暴行事件 主犯格の母親・大物女優“K”黒木瞳 ? の芸能生命終了か

名門校の青山学院中等部で起こった壮絶な少女暴行事件で、大物女優Kの女優生命が危うくなっている。
 一部週刊誌で先に報じられた、女子生徒らが男子生徒に金を渡して起こした暴行事件で、主犯格の女子生徒Aが“大物女優の娘”と伝えられているのだが、これが宝塚出身のミセス女優Kの娘だともっぱらなのだ。
 複数の週刊誌が報じた記事によると事件は5月、2年生のAと仲間3名の女子生徒4名が、男子生徒2名を2万円で買収。同級生の女子生徒に対しレイプするよう依頼し、男子生徒は女子生徒をトイレ個室に追い込み、そこへ押し入って服を脱がし動画で撮影したという。結果、男子生徒1名は退学処分となったが、もう1名と女子生徒らは直接手を下したわけではないとして、数日間の停学処分で済んだ。
 しかし、これに反発したのは、ほかの生徒の親族らだ。ある女子生徒の父親は筆者の取材に対し、次のようなコメントをしている。
「恐ろしいことです。イジメが大問題となっている今、まさか自分の子どもが通っている学校で、こんな犯罪ともいえるようなことが起こるとは……。でも、男子生徒に指示したというAさんが数日の停学処分というのは、あまりに軽すぎる話。Aさんの母親が有名人だからなのか、多額の寄付金を受けてきたからなのか、学校側がそれで配慮したのなら、まるで共犯者でしょう。男子生徒は2万円をもらって事件を起こし、学校側はもっと大きなお金を受け取って事件を隠蔽しようとしているようなものでは?」
 主犯格Aについて関係者に取材したところ「Kの娘が」と、Kの名前が当たり前のように飛び交っていた。実際、Kの娘は同校に通学しており、これまでも禁止されている自家用車での送迎や、仕出し弁当を持たされての通学などが伝えられてきた。

Kとは?


GTOの校長役として出演中の黒木瞳(本名伊知地 昭子)の娘 伊●地萌子さん が名門青山学院中等部で壮絶いじめの首謀者として停学になっていたことが発覚、話題になっている。

そのいじめの内容は壮絶だ。伊●地萌子さんの娘とその仲間は青山学院中等部の取り巻き男子を2万円で買収。
ターゲットである女子をレイプしろと指示。

買収された男子は女子トイレ個室に逃げ込んだターゲットを個室上部から入り込んだ後、一人は服を脱がし一人はそれを動画で撮影したという。

いじめを超えた犯罪レベルの大事件。
実行犯である男子2人は退学処分。

首謀者である伊●地萌子さんと仲間についても退学処分を検討されたが、両親の懇願と継続されてきた寄付金を餌に数日の停学処分で済んでいる。
そしてなぜか被害者の女子も停学処分とされている。

黒木瞳は宝塚退団後、大阪ガスのCMに出演。
このCMを手がけた当時電通関西支社勤務の伊知地俊夫氏と知り合い1991年結婚。
伊知地俊夫氏は大阪教育大池田小・中・高を経て早稲田政経卒、身内が外務省関係者というエリート。
当時まだ売り出し中だった黒木とは格差婚と言われていた。
その後1998年、38歳での高齢出産。
娘を松山バレエ学校発表会の主役にねじ込むなど溺愛するが、その反面
「不器量だから芸能人にはしない」とトーク番組で公開虐待。


優香、the pillowsリーダーと結婚目前か?

癒し系グラビアアイドルとして一世を風靡し、現在は女優・タレントとして活躍する優香。3月30日には12年ぶりに水着姿ありの写真集「優香グラビア」と、ダイエットに成功した経緯などを綴った「優香ボディ」(ともに講談社)を発売する。デビュー15周年を迎えて仕事も絶好調な優香だが、プライベートに関する動きも近々あるのではと目されている。

 優香は8カ月で体重−7キロ、ウエスト−10センチのダイエットに成功し、今年1月に発売された女性誌「FRaU」(講談社)では久しぶりのセクシーショットを披露し話題になった。自身も「今のカラダが一番好き」と話しており、12年ぶりの「グラビア復帰」は多くのファンを喜ばせている。

 また、グラビアだけでなく1月からスタートしたドラマ『本日は大安なり』(NHK)で、地上波の連続ドラマとしては2000年の『20歳の結婚』(TBS系)以来の主演作に出演中。30歳を越えてもキュートなルックスは変わらず、今まさにノリに乗っている状態だ。

 一方でプライベートはというと、これまでV6・岡田准一、妻夫木聡や、ダウンタウン・松本人志、志村けんといった大物芸能人との熱愛がうわさされてきた。直近では2010年6月に「週刊文春」(文藝春秋)がロックバンド「the pillows(ザ・ピロウズ)」のリーダー・山中さわおとの真剣交際を報じている。もともと山本は優香の大ファンだったが、その後優香もピロウズのライブに通うようになり交際に発展したという。

 またウェディング・プランナー役を務める『本日は大安なり』の会見では、結婚の予定について「ありますよ、そりゃ! 5年後くらいに?」と答えていたが、ふたりの結婚はそう遠くはなさそうだ。この優香の意味深発言を裏付けるのが、代理店関係者の声。

「今年の初め頃から『優香が何かを発表する』という話が業界を駆け巡っていましたが、現在までは音沙汰はなし。しかし最近になって『山中と同棲しているのでは』という情報が出てきて、どこかの社がこの件について記事を出すという話になっています」

 ビッグタレントや人気俳優との熱愛で話題を振りまいていた優香だが、コアなファンを擁する熟練ミュージシャンに行き着いたのは少し意外かもしれない。
自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET! 愛車を少しでも高く売却したい方はこちらへ FXビギナーズシステム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。