女を性奴隷に育てる上げる裏SEXプログラム

紳助 うそバレた!「あるわけない」写真あった

暴力団関係者との「親密な交際」があったことを理由に芸能界引退を表明した元タレントの島田紳助さん(55)と、同暴力団関係者が一緒に写真を撮っていたことが24日、明らかになった。この関係者は指定暴力団山口組の最高幹部の1人。05年に大阪府警が同幹部の関係先を家宅捜索した際に写真を発見していた。紳助さんは23日夜の記者会見で、写真の有無について「あるわけないですから」と完全否定していたがこれを一夜にして覆された形だ。

 会見の冒頭、「全て正直にしゃべろうと思っております」と切り出した紳助さん。だがその翌日、本人の説明とは矛盾する“証拠”の存在が明るみになり、暴力団関係者との親密ぶりをよりうかがわせる結果となった。

 捜査関係者によると、紳助さんが会見で「Bさん」と説明していた暴力団関係者は、指定暴力団山口組系「極心連合会」の会長。山口組No・4にあたる「筆頭若頭補佐」という役職を持つ最高幹部の1人だ。同じく「Aさん」としていた、紳助さんの友人で元プロボクシング世界王者の渡辺二郎被告(56)=恐喝未遂罪で実刑判決を受け上告中=が、2人の仲介役となっていた。渡辺被告も「極心…」の相談役とされている。

 同幹部をめぐり、大阪府警が05年に関係先を家宅捜索した際、幹部の家族と紳助さんの写った写真が見つかった。さらに、紳助さんが幹部に宛てた直筆の手紙も発見されていたという。

 紳助さんは05年から07年ごろに渡辺被告を通じて送ったメールで、幹部が競売入札妨害などの容疑で大阪府警に逮捕されたことを心配し、自分が経営する店で高額な飲食をしてくれたことを感謝していた。大阪府警が07年に渡辺被告を逮捕した際の携帯電話の解析でも同様の内容が明らかになったという。

 一方、紳助さんが23日夜の記者会見で明らかにした10数年前のトラブルは、テレビ番組での自身の発言をめぐる右翼とのもので、渡辺被告を通じて、同幹部が解決に乗り出していたことが捜査関係者への取材で判明。それ以降、暴力団関係者の間では、同幹部と紳助さんの親密ぶりを指摘する声があったという。

この記事へのトラックバック
自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET! 愛車を少しでも高く売却したい方はこちらへ FXビギナーズシステム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。