女を性奴隷に育てる上げる裏SEXプログラム

資産家殺害事件のウラに関東連合とオリンパス

スイス在住、年収5億円と言われる凄腕ファンドマネージャー
 霜見誠氏と妻美重さんが失踪後、殺害。埼玉県内の宅地で
 埋められ容疑者である桑原隆明、渡辺剛が逮捕された。

 工場で務めながら熊本商科大(現熊本学園大)卒業後、
 新日本証券に勤務。
 職場恋愛で結婚し、その後独立しリヒテンシュタインに
 JAPAN OPPORTUNITY FUNDという私募ファンドを設立。
 年間300億運用し2006年頃には年収5億程収入があったという。

 実家は宮崎で、ごく普通の家庭から
 腕一本で年収5億のセレブ生活。

 しかしリーマンショックでファンドが破綻。
 2008年頃から顧客資産激減により
 訴訟、返金要求などに応えられないトラブルが
 続いていたという。

 この事件のウラには闇社会へ1000億流れたと言われた
 オリンパスが絡んでくる。
 JAPAN OPPORTUNITY FUNDはオリンパスの
 新大株主だった。闇社会のマネーロンダリングを請け負って
 いたとも言われている。
 そして霜見氏は関東連合関係者が経営する「クロニクル」
 という会社の株取引に関わっていた。
 霜見氏は「クロニクル」の新株予約権を引き受けており
 未行使分の大半を譲渡されていた。これにより破綻したファンドを
 復活させ顧客への返金対応に応じる予定だったという。
 しかし「クロニクル」は上場廃止の憂き目にあう。
 JASDAQに届け出た報告書の記載に間違いがあったのだ。
 
 そしてこの「クロニクル」山口もえの元夫、尾関茂雄氏が
 元取締役だったのだ。霜見氏はマネーロンダリング、
 粉飾にかかわる株を扱っていた。
 黒幕の狙いは口封じ。雑すぎる犯行、不用意な盗難品売却や
 クレジット使用は単に実行犯達の小銭稼ぎ。

この記事へのトラックバック
自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET! 愛車を少しでも高く売却したい方はこちらへ FXビギナーズシステム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。