女を性奴隷に育てる上げる裏SEXプログラム

テレビの裏側が分かる芸能裏情報コラム

「あるある」のねつ造の件で、次々に過去のウソが暴露されている。

「レタスで快眠」、「味噌汁ダイエット」などなど。

過去をほじくれば、きっといくらでも出てきそうな雰囲気。

こうなるとテレビの健康番組がすべて信じられなくなってきそうだなぁ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今週の芸能ネタ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【テレビ業界速報】


テレ東の名物社長がフジテレビを批判している。定例社長会見でテレ東の菅谷定彦社長は、関西テレビの「あるある」のねつ造問題に触れ、「フジテレビも放送している以上、トップに説明責任があると思う。僕なら説明する」と、キー局のフジテレビを批判。

さらに、「約20年間、納豆を食べているが全然効果がない。じわじわ太るばかり」と、最後はオチまでつけている。

この人の舌鋒はいつも鋭く、痛快だ。

たしかに今回の問題でフジテレビの傍観者ぶりは少し気にかかる。

そんなに他人事ではないと思うのだが。



先週の「特命係長 只野仁」に出ていた2代目の若社長役の俳優、誰だっけなぁと思っていたら、なんと徳重聡だった。見ていたら衆議院議員の杉村太蔵によく似ている。そうか、二人の顔は相似形だったんだなぁと新しい発見をした気分。やっぱりこのドラマ、なんだかんだ言っても毎週見てしまいそう。



●フジ系「カノッサの屈辱」一夜限りの復活…教授は伊武雅刀

今でもCSで時々再放送しているのを見るが、本当に着眼点が面白い番組だと思う。

その伝説の深夜番組「カノッサの屈辱」が、2月5日に「カノッサ
の屈辱2007 バブルへGO!!SP」(深夜1・08)として一夜限りの復活を果たす。

知らない人のために説明すると、昨年11月に亡くなった俳優の仲谷昇が教授に扮し、流行や社会現象を歴史の史実になぞらえて解説する番組で、平成2年から1年放送され人気を博した。

今回は俳優の伊武雅刀が新教授となり、携帯電話の変遷に迫るという。

視聴率が良ければまたレギュラー放送して欲しいなぁ。



●松本人志初監督作品「大日本人」完成会見、6月公開予定へ

ダウンタウンの松本人志の初監督作品になる。25日、都内で初監督映画「大日本人」(松竹系、6月公開)を発表した。映画は5年前に企画され、監督の松本が主演している。

「すでに撮影は終了し、現在は編集作業中。松本は『だれも見たことないような映画になる』と自信を見せた。配給の松竹によると、公開は中規模の200館以上。カンヌ国際映画祭も視野に入れているという」(ニッカンスポーツ)。

「誰も見たことない」と過大な表現をするときほど、かえって結果は逆になることが多いように思うのだが、ストーリーが全然分からないので、なんとも言いようがないなぁ。もう少し情報が欲しいところだ。



●”レジェンド・オブ・ひな壇”と呼ばれる芸人とは?

「めざまし」で「ひな壇芸人」特集をやっていた。それによると、品川庄司クラスの若手芸人らが今でもお手本にするという伝説的なひな壇芸人が2人いたという。

それは今田耕司と東野幸治。レギュラー曰く、「ちょっと待ってくださいよ!」の「ちょっと」のタイミングが絶妙なのだとか。

卒業がなかなかむずかしいとされるひな壇芸人から徐々にメインの司会をやるようになった彼らのことを若手芸人たちは「レジェンド・オブ・ひな壇」(by品川庄司)
と呼ぶらしい。

一方、今でもひな壇の第一線で活躍するひな壇芸人もいる。特に関根勤と勝俣州和が2大巨頭で、尊敬を込めてこの2人のことを「ひな神様」と呼んでいるとか。

もっとも、若手芸人同士の競争は激しく、「オンエアで一言もしゃべってないと親が心配する」と語る波田陽区のように、バラエティ番組での若手芸人同士のコメントバトルも今では見所の一つになっているようだ。



●タモリ倶楽部に木村カエラ出演、DMCのTシャツをゲット!

木村カエラが、というより、DMCがタモリ倶楽部に進出したのが個人的にとても嬉しい気がする。

木村カエラのブログによると、カエラはタモリ倶楽部に出演し、このDMCのTシャツをゲットしたという。以下、本人のブログから、

「デトロイトメタルシティー!!
ティーシャツゲッツ!あがるーあがるー(^^)このティーシャツ
実はタモリクラブの収録で着させていただきました。
まだ放送はまだですが、是非Checkしてみてください(ノ>д<)ノ
このティーシャツが似合う番組なんて、タモリクラブかロックふじやまくらいしかないよー(笑)とか思いながら着ました。
楽しかったぁー収録。ていうかDMCを知らない人のために、ご説明を
、、、漫画です。 」


●世紀の”契約婚”だった!?神田うのの「パチン婚」

大手パチンコチェーン日拓グループの御曹司と結婚した神田うの。

1千万の指輪や3億円のウエディングドレスなど、世紀の玉の輿とマスコミが報じている。

もちろん、うのもパンストのプロデュースで稼いでいるが、旦那の稼ぎは桁が違う。一説には「毎日のように結婚をせがんでいた」(実話ナックルズ)といううのの作戦勝ちらしい。

実は今回の結婚に関して両家の間で膨大な結婚契約書を交わしたらしい。

その内容は「神田うののネームを取ったパチンコ台の発売計画から毎月300万円のエステ代の負担とか、さらには神田の父親が出馬した際の援助の条件とか」。

その他にもCM出演の案件など、互いの財産を守るためにやたらと細かいところまで条件が決まっているようだ。

こういう取り決めは欧米ではともかく、日本ではまだ珍しいと思われる。

まさにお金持ち同士の結婚ならではのものだろう。でも、最初に決めておけば離婚することになっても揉めなくていいかも。




------------------------------------------------------------------
【ネット上の怪しい噂】


●真鍋かをりが業界で一目置かれる存在になった理由とは?

最近、若槻千夏が揉めたように、グラビアアイドルの給料は安いことで有名だ。そのため、「給料が安ければ個人営業でサラ金のCMでもとってこい」という方針の事務所もあるくらいだ。

通常、アイドルがテレビに出ても、「制作会社からギャラが支払われるのは早くて半年後。

その点、写真集のギャラは大半が即金。テレビで知名度をアップさせるか、写真集で小銭を稼ぐか、事務所にとっては悩みどころ」
(実話ナックルズ)だという。

すると薄給にあえぐアイドルは財界人脈にすがることになる。「合コンや高級クラブのバイトで知り合った財界人に窮状を訴え、手に入れるのがサラ金のCM。もちろん、サラ金のCMに起用されたアイドル全員がそうとは限らないが・・・」。

当然、CMをゲットするために個人営業、つまり枕営業が行われるわけだが、そんな個人レベルの接待を頑なに拒否していたことで有名なのが真鍋かをり。

グラドル出身の真鍋は、「売れっ子になってからも月給は30万円程度。業を煮やして事務所を相手取り裁判を起こしたといいますからね。

その間のスケジュールはすべて弁護士を通じて管理していらそうですから、業界でも一目置かれる存在になったのです」

若槻がギャラアップで揉めて干された現状を見ると、実力行使で勝ち取った真鍋はたしかにすごい。

ましてや、真鍋はコワモテのガードがいる小倉優子と同じ事務所。若槻は真鍋に話を聞いておくべきだったかも!?




この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32480970

この記事へのトラックバック
自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET! 愛車を少しでも高く売却したい方はこちらへ FXビギナーズシステム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。