女を性奴隷に育てる上げる裏SEXプログラム

加護亜依、推定Eカップの巨乳解禁間近!?

元モーニング娘。の加護亜依(22)が、3月25日に写真集と同時発売されるDVD『LOS ANGELES』で、セクシーショットに挑んでいる。

米・ロサンゼルスで撮影された同DVDで、加護は下着姿や胸の谷間を惜しげもなく披露。買い物をするシーンでは、飛び跳ねながら推定Eカップの巨乳をゆさゆさと揺らしており、男ならファンでなくとも目が釘付けになること間違いなしだ。

さらに、シャワーシーンまであり、泡だらけになりながら上半身裸のバックショットを披露するサービスぶりを見せている。

 2度の喫煙騒動による事務所の契約解除や年上俳優との不倫騒動などによって、何度も芸能界引退の危機に陥りながら、奇跡的な復活を遂げた加護。最近は「スキャンダル女王」として"ぶっちゃけトーク"とセクシーなオトナの魅力を前面に押し出し、バラエティー出演など露出を少しずつ増やしているが、彼女に対する業界の見方は厳しい。

「今は全盛期のモー娘。メンバーだっという商品価値とスキャンダルネタで何とか盛り返していますが、いつまでも通用しないでしょうね。所属事務所も日本人の所属タレントが加護一人という状況で、それほど営業力があるとも思えず、話題性がなくなった後は仕事が入るかどうか。単館系の映画にも出演していますが、演技力は今ひとつで、あまり話題にもなっていない。新境地を開拓しようとジャズにも挑戦していますが、2月に都内で開催された単独ライブで聴いた限りでは、歌唱力はモー娘。時代と変わっておらず、ジャズとしては厳しいレベルでした」(芸能関係者)

 それでも、アイドルとしての魅力を保ち続ければ、熱心なファンに支えられて芸能界で生き残ることはできそうだが、そのファンからもこんな声が上がっている。

「"成長"のせいかもしれませんが、復帰後に急激に顔が変わってしまって......。あの少し切れ長の目が好きだったんですが、復帰後はパッチリとした印象になっていて、ちょっとショックでした。八重歯も可愛くて好きだったのに、矯正しちゃいましたね。モー娘。やW(ダブルユー)の頃の自然な感じが良かったのになあ、と複雑な心境です」(モー娘。時代からの加護ファン)

 いろいろな分野に手を出した結果、迷走状態となっている加護だが、熱心なファンからも見捨てられれば、今度はスキャンダルを起こさずとも芸能界引退の危機に陥ってしまうだろう。だが、秘策もないわけではない。復帰後のDVDや写真集でセミヌードを披露している彼女だけに、いよいよ切羽詰った状況になれば、最後の武器である巨乳を"解禁"するかもしれないというのだ。

「すでにモー娘。時代の人気はありませんが、脱ぐとなれば話は別です。写真集やDVDを出したいという出版社やメーカーは、いくらでもある。前事務所から契約解除処分を受けたころから、ヌードやAVのオファーは複数あったそうですから、あとはタイミングと本人次第でしょう」(出版関係者)

露出狂アイドル 沢本あすかのAVが発売中止になった理由判明! 警視庁から中止命令

露出好きとして有名なアイドル・沢本あすかさんが、またもや警察沙汰になっているようだ。沢本あすかさんは2月末に発売された週刊誌『フライデー』で自身が出演しているAVの告知をする予定だったのだが、なぜか不掲載。本当にAVが発売されるのか? と言われていたのだが、どうやら発売中止になったようだ。

その発売中止の理由が、警察沙汰だったのである。なんと、警視庁がAVメーカーに「発売中止命令」を出したのだという。沢本あすかさんの話によると、『フライデー』よりも先に(勝手にスクープとして)記事にしてしまった『東京スポーツ』の記事を読んだ検察庁と警視庁が、「この子は影響力があるから、このビデオは発売禁止!!」とAVメーカーに伝えたのだとか。

せっかく撮影したのにAVは発売されないの? と思ってしまうのだが、「フライデーさんにはご迷惑をかけちゃったんですが、一旦白紙にして、メーカーが検察庁と交渉し、OKのおくだりが出たら、再度調整」との事なので、いつかは発売されるかもしれない。

路上で露出したため逮捕された経験を持つ沢本あすかさん。まさか路上じゃない室内で露出をして発売中止になるとは思わなかった事だろう。今後の動向を知りたい人は、沢本あすかさんのブログをチェックするといいだろう。野暮な話だが、発売されなかったらギャラはどうなるのだろうか? 気になるところである。

江原啓之の薦めるパワーフード、パワースポットに説得力はあるのか?

スピリチュルアルカウンセラー・江原啓之が落ち目になっていく様が、スピリチュアルファンの間でも話題になっている。

もともと彼の霊視能力には疑問符がついていたのだが、美輪明宏という芸能界屈指の実力者のプッシュもあり、TVの世界を中心に一気にのし上がった。

江原の出演していたテレビ朝日の『オーラの泉』は、たちまち人気番組となったものの、番組の中において、生きているはずの壇れいの実父について死んだと断言してしまい、義父と勘違いしていたことが判明した。

この致命的な失態により、事前調査をしている可能性が強くなり、次第にファンも離れ、霊視というあやふやなものを放送してはいけないという放送倫理上の問題もあり、番組が終了に追いこまれた。

 関西の某局関係者はこう語っている。

 「関西の某局で江原がやっていた番組も、スタッフが事前に調べてたんです。江原はスタッフが調べた内容をしゃべるだけ、少なくともテレビ業界で、江原の霊視能力というものがリアルだなんて、誰も思ってないですよ」(関西某局スタッフ談)

 そんな落ち目の江原啓之のギャラが暴落していると、業界では評判である。かつて、CXやテレ朝で提示されていたギャラの3分の1から5分の1で出演を受けているという噂もあるのだ。もはや、二流芸人並みの扱いである。

 そんな江原が現在、イベントや番組の中でを売り物にしているのが「パワーフード」と「パワースポット」である。霊視がテレビの中で使えないならば、この手で生き残るしかないのはよくわかる。だが、巨体を揺らして「パワーフード」に貪りつく姿に、かつてのスピリチュルアルカウンセラーの権威はない。

 確かに、「パワーフード」「パワースポット」ならば放送倫理上問題はないのだが、薦めている江原啓之本人の仕事が減りギャラが暴落している今、どれだけの説得力があるのだろうか。「パワーフード」「パワースポット」にすがりたいのは、江原本人ではないだろうか。

 そもそも、視聴者は馬鹿ではない。散々、事前調査によるトリック霊視に翻弄されたことを誰もが気がついている中で、そう簡単に江原啓之のニュービジネスに洗脳されることはないと思われる。

大河ドラマで真価が問われる上野樹里

NHKの来年の大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」でヒロインの徳川二代将軍・秀忠の正室役を女優の上野樹里が演じることになったが、不穏なうわさが業界内を駆けめぐっているという。

 「今年の大河は福山雅治主演の『龍馬伝』。上野も福山と同じ事務所に所属しているが、大河の主役に抜擢されたのは、NHKが2人と同じ事務所で、現在活動休止中のサザンオールスターズの1日限定の復活ライブの独占放送権を狙っていると言われる。ライブの時期は今年8月で、それが実現しなければ、今年の紅白で一夜限りの復活を果たすことで話がまとまっているようだ」(音楽関係者)

 いろいろと“大人の事情”はあったかもしれないが、上野にとっては千載一遇のチャンスとなるだけに、女優としての真価が問われることになりそうだ。

 「上野の演技力はいずれもフジテレビ系のドラマ『のだめカンタービレ』、『ラスト・フレンズ』で高い評価を受けている。しかし、同世代のライバルとみられている宮崎あおいが08年の大河『篤姫』で一躍大ブレークしたのをみて歯がゆい思いをしていたから、宮崎と同じ大河が成功すれば女優として大きくステップアップできる」(ドラマ関係者)
 とはいえ、大河は撮影期間1年間の長丁場だけに、共演者やスタッフとの衝突が心配されている。

 「上野のスタンスは基本的に『私のことを分からない人はそれでいい』。だから、共演者やスタッフには自分の言いたいことをハッキリ言うし、誰にでもタメ口。TBS系のドラマ『冗談じゃない!』に出演した際は、なんとあの織田裕二と演技論を戦わせたほど。来年1年間で周囲が敵だらけになるかもしれない」(同)
 いろんな意味で来年は上野にとって正念場のようだ。

『踊る大捜査線3』メインキャスト水野美紀が外された裏事情

今夏に公開予定の『踊る大捜査線THE MOVIE 3』に、女優の内田有紀が12年ぶりとなる『踊る』出演を果たすことが話題になっているが、その裏で従来のメインキャストだった水野美紀が外される事態が起こっている。ある芸能プロ関係者が内情を明かす。

「ドラマ版や劇場版の『1』『2』にレギュラー出演していた水野美紀が今回キャストから外されたのは、実は水野が"芸能界のドン"の怒りを買ったからなんですよ」

 水野は『踊る』で、ユースケ・サンタマリア演じる真下正義に想いを寄せられる柏木雪乃という役を好演。シリーズになくてはならない重要な役柄だった。

「ところが、水野は劇場版『踊る2』公開後の2005年に、所属のバーニングプロから勝手に独立したんです。

これに対して、"ドン"と呼ばれる同プロ周防会長が激怒。水野は一時芸能界から干されていました。

その後、彼女は九州の有力者と手を結んで芸能活動を再開させていますが、『あんなわがままな奴を許すわけにはいかない』ということでしょうね。

『踊る3』には、代わりにバーニング所属の内田有紀がキャスティングされるという、非常に分かりやすい構図ですよ」(同)

 94年から10年以上に渡って籍を置いたバーニングプロを勝手に飛び出した形となった水野に対しては、業界内でも厳しい声が少なくないという。

だが、"雪乃のいない『踊る』"には、ネット上の掲示板などでも、早くも失望の声が多数寄せられているようだ。こうした、芸能事務所の意向ばかりが反映される観客不在の映画制作は、一体いつまで続くのだろうか。

サイトはいつ閉鎖されるかわかりません。

1冊1万円から5万円で売られている
129の高額情報商材371万円相当を
今すぐダウンロード!!

E-BOOK白書(イーブック白書)ギャンブル編2010 /経済新報株式会社(特別価格)


【重要】無償プレゼントは間もなく終了です。
    サイトはいつ閉鎖されるかわかりません。

競馬・パチンコ・パチスロ・競艇・ロト・ナンバーズ…
この3年間のヒット商品129情報371万円相当の
あなたが知りたかったギャンブル系

必勝法/攻略法/投資マニュアル

本物の優良ノウハウもお約束の詐欺情報も【3分後】に
丸ごとダウンロードできたら…

しかも、延べ1000時間以上をかけて情報商材を実践した
長期間の独自検証結果の「極秘エクセルファイル」付きです。

E-BOOK白書(イーブック白書)ギャンブル編2010 /経済新報株式会社(特別価格)


ウソではありません。

ギャンブル情報の7割以上は詐欺です。
散々騙されてきたあなたを救済し、
さらにはあなたから金を巻き上げてきた詐欺業者を
廃業に追い込む活動が始まりました。

この活動への業務妨害で警察が容疑者を
書類送検しました。

E-BOOK白書(イーブック白書)ギャンブル編2010 /経済新報株式会社(特別価格)


パチンコ攻略法や競馬情報の詐欺がこれだけ
警察沙汰や裁判になり、新聞で報道されているのです。

誇大広告や虚偽広告で消費者を騙す
情報商材の酷い実態を、
「朝日新聞」や「読売新聞」、「日経新聞」や
「TBSテレビ」が報じています。

E-BOOK白書(イーブック白書)ギャンブル編2010 /経済新報株式会社(特別価格)


詐欺師同然の情報教材業者や予想屋に二度とカモられることなく、
玉石混交371万円分の全ノウハウを
<読み放題><マネし放題>
実績好調でまだ世の中に知れ渡っていない攻略法や予想ロジックを
<そのまま実践>
してJRA等の主催者やパチンコ店の<搾取にも打ち勝って>
安定した<利益を稼げる>としたら…

情報屋と主催者や店に【W搾取】される
あなたの『ギャンブル貧乏スパイラル』
から脱出できるのではないでしょうか?

E-BOOK白書(イーブック白書)ギャンブル編2010 /経済新報株式会社(特別価格)


あなたは二度と「情報」や「ノウハウ」に一銭たりともお金をかけずに
約20%程度と言われる「本物のギャンブル必勝法」、
即ち稼げる投資としてのギャンブルノウハウを
◎最小の時間で入手し、
◎最短ルートで、
偽りのない自由なギャンブル生活者を目指すことが可能
なのです。

E-BOOK白書(イーブック白書)ギャンブル編2010 /経済新報株式会社(特別価格)


詐欺的な情報教材ビジネスの実態を暴き、
メディアへの情報提供や報道を続ける
「E‐BOOK白書」の経済新報株式会社が、
「ビジネス・金儲け情報」「投資情報」に続いて敢行する

★情報内容公開 第3弾企画「ギャンブル情報」★

経済新報編集部が全て実費購入した全129情報371万円分の
収録情報詳細一覧は今すぐ【特設ページ】でご確認ください。

尚、無償ダウンロード特典は間もなく終了いたします。

E-BOOK白書(イーブック白書)ギャンブル編2010 /経済新報株式会社(特別価格)


1冊1万円から5万円で売られている
129の高額情報商材371万円相当を
今すぐダウンロード!!

アンタッチャブル・柴田、不倫女性が妊娠で警察沙汰に

原因不明の長期無期限休養中のお笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣だが、今週発売の「週刊女性」によると、不倫相手を妊娠させてしまったという。

 「柴田の不倫相手は元カノで、出演するテレビ番組で再会し不倫関係に発展。その元カノに妊娠させたのが奥さんにバレてしまい、離婚問題に発展。柴田夫妻と事務所が話し合い、問題が解決するまで休養することになった」(テレビ関係者)

 そのうえ、柴田はその元カノに脅迫めいたメールを送り、警察沙汰に発展していたのだ。
 「柴田は元カノに1日30回近く脅迫めいたメールを送ったようで、元カノは警察に『殺されかけた』などと相談したが、被害届はまだ出していない」(同)

 元カノが被害届を出せば刑事事件に発展。「事務所は内々的に、半年間の謹慎処分を下した」(スポーツ紙記者)というが、仕事どころではない。

 「人気お笑いタレントの女性問題といえば、06年7月に未成年への淫行問題を起こし元極楽とんぼ山本圭一が事務所を解雇された。事件は山本と被害者少女の示談が成立し、不起訴になった。

山本には各方面から“救いの手”が差し伸べられたが、芸能界復帰はかなわず、山本は地方都市で芸能界とは全く関係のない仕事をしている。

刑事事件になれば、柴田は即解雇されるだろうし、相方の山崎弘也ですら、『アイツは許さない』と激怒しているから、現時点でも芸能界復帰は難しい」(同)

 事務所から言い渡された謹慎処分期間の半年が過ぎても柴田が芸能界に復帰できる可能性は限りなく低そうだ。 

アンタッチャブル・柴田、無期限休養の原因は泥沼化した不倫問題

お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣が無期限休養に入った理由についていまだ明かされぬままだが、大方の予想通り女性問題が原因だったようだ。

 「所属事務所は女性問題を否定しているが、一般人の女性との不倫関係が泥沼化したのが原因。一度、奥さんにバレて別れさせられたが、関係が切れていないのがバレて、離婚問題に発展している。それが解決したとしても、もう芸能界に復帰することは難しいだろう」(テレビ局のバラエティー番組関係者)

 相方の山崎弘也は先日出演したラジオ番組で休養の理由については明かさなかったが、一部報道によると、「今回は許さない」と激怒しているようだが、そもそも妻との結婚時にトラブルを起こしていたというのだ。

 「当時、女性誌で報じられたが、柴田は05年10月に現在の妻とデキちゃった結婚したが、04年にも一度妊娠し、柴田の頼みで堕胎。再び妊娠した時、柴田は『やっぱり結婚できない』と逃げようとしたが、『だったら訴える』と脅かされ渋々結婚した」(スポーツ紙デスク)

 その後、柴田は07年冬に急性肝炎で入院し3か月間休養、08年秋にはウイルス性急性咽頭(いんとう)炎で1週間ほど入院したが、「07年冬の休養は体調不良と言われていたが、実は、今回と同じ女性が絡んだ家庭の問題だと聞いている」(同)というから、今回ばかりはそう簡単に問題は解決することはなさそうだ。

 「今後、妻と離婚が成立しても、子供の親権はとられるし、相当額の慰謝料と養育費を払わなければならないにもかかわらず、芸能界復帰は絶望的だが、相方の山崎にすら愛想を尽かされ、“救いの手”を差し伸べる芸人仲間もいないだろう」(先のバラエティー番組関係者)

 所属事務所はいつ、どんな発表をするのかが注目される。
自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET! 愛車を少しでも高く売却したい方はこちらへ FXビギナーズシステム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。