女を性奴隷に育てる上げる裏SEXプログラム

AKB48の光と影  メンバーの騒動&ヲタのヤラカシ AKB48事件ファイル

チャート1位、パリ、ニューヨーク、カンヌでの海外公演、武道館に続きキャパ1万7,000人の横浜アリーナ2デイズ決定と快進撃を続けるAKB48。知名度の急上昇と共に、メンバーの一挙手一投足が注目されるようになり、マスコミもこぞってAKB48を取り上げるようになった。

その結果、かつては"ご愛嬌"で済まされた事態も世間を騒がせるようになってしまった。

年末集中連載「AKB48の光と影」第3回目の今回は、AKB48メンバー、さらに刑事事件ともなったAKB48のヲタたちが巻き起こした騒動の各ワースト5を検証する。


第5位 オリメン以外は興味なし!? センター・前田敦子の強烈な排他意識

 事実上の人気投票である「選抜総選挙」1位に輝き、センターを務める前田敦子。結成当時からのオリメン(オリジナルメンバー)であり、AKB48の"顔"でもある彼女だが、公演のMCでは時に周囲を呆然とさせるような発言を放つ。

 3月以来チームA公演に毎回出演している松井咲子が、自身が女子大生である話をすると、前田はあっさりと「知らなかった」と発言。研究生ながら半年以上も共にステージに立っているメンバーの基本的な情報すら知らないということに劇場は不穏な空気に包まれた。

 さらに、10月に高知にロケに行き、5期生である北原里英と同室に泊まった前田だが、その後のチームA公演で「(部屋では)何もしゃべってない」と発言。またしても劇場は異様な雰囲気となった。

その一方、前田は篠田麻里子らオリメンについてはブログで度々取り上げ、親密振りをアピールしている。「総選挙」で「AKB48に人生を捧げる」と宣言した前田の指す"AKB48"とはオリメンだけのことなのだろうか?

第4位 研究生とヲタのプリクラ発覚・素行不良で次々解雇 

 8期生の中でも逸材として注目を集めた西川七海が、イケメンヲタとのスリーショットプリクラが流出し、7月に解雇。報道記事がYahoo!のトップページにも掲載されるほどの注目を集めた。同じく8期生の杉山未来が個人サイトやプロフにAKB48メンバーやファンに対しての暴言を公開し、解雇(名目上は辞退)となった。

華やかなイメージのアイドルだが、その実、私生活に幾多の制限が付くという現実を浮き彫りにした事件だった。

第3位 "ヲタドル"指原莉乃が特定のファンに私信を送り密会を画策!?

 ガチのハロヲタで、ヘタレキャラでもおなじみのチームB・指原莉乃が、メール版ブログであるモバメ(モバイルメール)でイケメンヲタのブログの投稿に当てた私信を行っていた疑惑が浮上。

かつてのAKB48現場はヲタの8割を30代以上が占めていたが、ファンの絶対数が増加し、現在はおよそ8割以上がメンバーと同世代の10代のヲタとなった。

握手会などで触れ合える機会の多いヲタの心理としては、メンバーと特別な関係になりたいと思うのは当然かもしれないが、互いに越えてはいけない一線があることは理解すべきだろう。

第2位 大島優子に"ボルダリングデート疑惑"が浮上

 選抜2位である大島優子に、ダンスユニット・RockWilderのメンバー・ACHIこと阿知和真吾とのデート疑惑が発覚。双方のブログからフリークライミングの一種であるボルダリングに同行したことが明らかになり、大島は、写真集イベントで「お騒がせしました。あれは友達と何人かで行ったんです」と釈明した。モーニング娘。

でも、矢口真里、藤本美貴が恋愛の発覚をきっかけに脱退。女性アイドルグループ所属で、彼氏持ちを公言した例はかつてないが、既成概念を打ち破るAKB48なら、その方向性もありではなかろうか?

第1位 AKB48倉持明日香の"手ブラ"写真が「FLASH」に掲載! 背後にあった"手打ち"

 プロ野球元ロッテの倉持明氏の娘で、チームKの"くびれの女王"である倉持明日香の"手ブラ"写真が週刊誌「FLASH」(光文社)に掲載された。中学生時代に撮影されたという上半身裸で胸を手で覆っただけの写真で、倉持は「FLASH」の取材に「事務所のプロモーション用の写真」と語ったが、ホテルの一室のような場所で撮られた写真は、その説明では、納得がいかないシロモノだった。

 一方その後、光文社はAKB48の海外公演に密着した『AKB48海外旅行日記 ニューヨークとカンヌって近いんですか?』を出版。AKB48とは蜜月が続き、倉持の写真に対して何らかの手打ちが行われたようだ。

圧倒的なプロポーションを誇りながらも、倉持が出し惜しみしてきた真相が明かされる中、倉持はAKB48劇場の公演で、涙ながらに騒動をファンの前で謝罪。一度はAKB48からの卒業も考えたことを明かしながらも、「私は逃げません!!」と力強く宣言。「私をAKBに置いてください」と自身の去就をファンに委ねると、劇場すべてのファンから温かい声援と拍手が送られた。"憑き物"が落ち、「ヤングジャンプ」(集英社)とAKB48のコラボによる「チームYJ」としてグラビアを披露している倉持の2010年に期待したい。

 続いて、人気の拡大と共にファンが急増し、物議をかもすようになったヲタたちが巻き起こした騒動の各ワースト5を発表。

第5位 全国握手会にファン殺到 名古屋会場は毎回大混乱

 シングルリリースの度に行う「全国握手会」にはファンが急増。特に名古屋会場は毎回、"カオス現場"となり、将棋倒し寸前。さらに会場周辺には、ゴミが散乱する異様な光景となっている。

第4位 限定品に"並び要員"を雇うダメな大人たち

「メンバーと七夕を祝える権利」など、ガチャガチャによる"指定権利"が人気の一つだったAKB48。だが、ガチャは終了し、メンバーと触れあえる機会は確実に減ってしまった。一方、写真集などを発売したメンバーは販促イベントを行い、そのイベント参加券がオークションサイトで高額で取引されることから、金のあるヲタが"並び要員"として、中高生を安価で雇うのが横行。モラルが問われる問題となっている。

第3位 SKE48運営が「ストーカー禁止」声明発表 アイドルと"STK"の現実

 名古屋の栄を拠点に活動するSKE48公式ホームページに「ストーカー禁止」を呼びかける異例の声明が発表。"STK(ストーカー=stalkerの略)"と呼ばれる痛いファンの存在が改めて浮き彫りとなった。

第2位 握手券"振り込め詐欺"でヲタ二人が逮捕

 東京ビッグサイトで2回に渡って行われた「RIVER」の握手会で、大阪出身のヲタ2人が逮捕された。インターネット掲示板に握手券販売を持ち掛ける嘘の書き込みをし、取引相手に2万円を預金口座に振り込ませ、だまし取った容疑での逮捕とであった。

第1位 有名ヲタがメンバーの郵便物を自宅に転送させ、逮捕

 有名ヲタがAKB48メンバーの転居届を勝手に郵便局に出し、自宅に転送させ、メンバー11人に宛てた郵便物約200通を窃盗した疑いで逮捕。「煽封筒」の二つ名で知られ、劇場からは"出禁"となっていた彼だが、12月25日、懲役2年、執行猶予5年(求刑懲役2年)が言い渡された。

押尾学を保護責任者遺棄で再逮捕

二転三転した田中香織さん死亡事件だが
 押尾学が近く保護責任者遺棄で再逮捕される模様。

 致死がつかない再逮捕とはいえ
 政権交代がなかったら、麻布署と元総理親子に守られ
 再逮捕はなかっただろう。

 とはいえ、この事件、まだまだ謎が多い。

 押尾の元マネージャー逮捕も矛盾だらけだ。
 なぜならば当時、事件現場である六本木ヒルズに駆けつけ
 田中香織さんの遺体を見、事件を隠蔽しようとした
 エイベックスのマネージャーは2人いたのだ。
 1人は解雇された「元」社員、もう1人は現在も
 エイベックスに在籍する現役社員。
 
 酒井法子逮捕時にはサンミュージックを連呼していた
 マスコミが押尾逮捕、再逮捕時ともエイベックスの
 「エ」の字も報道しないのは、やはり顧問に 元警視総監、
 元検事総長などトップのOBをそろえている効力か。

 そして植え込みに捨てられていた携帯。一部のメールが
 何者かによって消去されていたが、警察は
 「女性が自分で消去した」と断定。

 田中香織さんは元総理の地元、金沢のホステスで
 現役県会議員である元総理息子の愛人だった。
 元総理息子は調子にのって金沢から東京へと連れ出す。
 そして香織さんは銀座のクラブへ。
 現在でも繋がりがあった2人。警察は香織さんの携帯から
 消されたメールが「来たらすぐいる?」だと断定しているが
 元総理息子との何らかのやりとりがあった・・


 年明けには保護責任者遺棄で再逮捕されるだろう押尾。
 これだけなら執行猶予がつく可能性が高い。
 昭和61年1月11暴力団員がラブホテルで中学生に覚醒剤を打って
 放置し、死亡した事件。致死はつかずに起訴されたが
 札幌地裁では実刑だった。(上告審で執行猶予)
 押尾はMDMA(麻薬取締法違反)をあわせて考えても
 ダブル執行猶予で手打ちか。

 今後の展開を見守るしかないが
 野口はじめ、大物に辿り着くにはほど遠いようだ。

小池栄子と佐藤江梨子の巨乳を脅かす「イエローキャブ」の危機

小池栄子(29)と佐藤江梨子(28)の巨乳が拝めなくなる? 所属事務所のイエローキャブがバタついている。

「“キャブがピンチ”の情報が芸能界に流れたのは11月下旬。今月21日に事務所が移転すると決まったことがきっかけでした。南青山の新事務所は赤坂時代に比べて狭く、お世辞にも“立派”とは言えませんから」(関係者)

 また、ここ数カ月間にキャブの社員数人が退職したという。突然、経営側から給料減を言い渡され、労働条件面で折り合いがつかなくなったのだとか。こんな話もある。

「キャブは今夏、たけし軍団のダンカンを監督に迎え、サトエリ主演でテレビドラマを制作しました。ところが、放送局が決まっておらず、宙に浮いてる状態です。制作スタッフにもギャラが未払いで、これを“資金繰り悪化が原因じゃないか”とみる向きがあるのです」(芸能関係者)

 キャブの利益は08年1月決算で594万円のプラスだったが、09年1月決算では2億円以上のマイナスに転落している。キャブにとってさまざまな不利な話が飛び出した背景に何かあるのだろうか――。

「キャブの経営方針をめぐって、会社の実質的な“オーナー”と帯刀孝則社長との間に亀裂が生じたといわれています。かつて野田義治社長(現サンズ会長)がオーナー側と対立し、キャブを追われた構図に似ています」(前出の芸能関係者)

 キャブは大丈夫なのか? 帯刀社長に電話で聞いてみると……。

「このたび事務所を移転したのは、テナントが契約更新日を迎えたことと固定費を削減するためです。この100年に一度といわれる経済危機で、どこの企業も経営努力をしています。それに倣って当社も合理化に動いただけです。当社制作のドラマはオンエアを目指して頑張っています」

 小池とサトエリもピンチか。

ハメ撮り動画は実在した?!酒井法子のフェラ画像

離婚にむけて交渉を始めた酒井法子だが
 ある「爆弾」を抱えているだめ高相側との交渉は
 難航しそうだという。

 それはキメセク、ハメ撮り動画の存在だ。

 その存在を認めるかのような、酒井法子(らしき)
 フェラ画像が出回っている。サンミュージック関係者が
 「酒井法子によく似ている」と唸ったというお墨付き。

堕ちた芸能人とはいえ、元清純派トップアイドル。
 その動画、画像の存在は水面下で動く
 芸能界復帰のジャマとなるだろう。
 カリスマスキーショップも斜陽、度重なる経営失敗、
 数年間無職、ヒモとして暮らしてきた高相にとって
 妻酒井法子は生活の糧。手放さないためには手段を
 選ばないかもしれない・・。

 そしてもう一人のキメセク芸能人、押尾。
 奥菜恵とのニャンニャン写真をはじめ、かつて噂になった
 アイドル、女優とのハメ撮り、キメセク写真を
 大量に保持しているという。

 財前直見、安倍なつみ、平山あや、そして矢田亜希子、
 佐々木希、nanami・・・
 逮捕後も10人以上の女と関係があったという。

 これら押尾VS噂の女達のハメ撮り、キメセク動画が
 ネットに出回る可能性も0ではない。

テレ朝・下平さやかアナの"車チュー写真"は局内の陰謀か

テレビ朝日の下平さやかアナと巨人の"ドラ1"長野久義外野手の「車チュー写真」が「女性セブン」(小学館)でスクープされた。決定的な写真も数点掲載されているが、下平アナのうっとりとした表情は「エロい!」のひと言。鳴りを潜めていた"恋多き女"の面目躍如といったところだ。

 だが、この熱愛スクープをめぐっては局内でこんな声も聞かれる。

「こんなにバッチリ写真が撮られるなんて、雑誌社に事前リークがあったとしか思えない」(テレ朝社員)

 確かに、完璧すぎる写真は違和感を禁じえない。そんななか、一部で下平アナ追い落としを狙った"陰謀説"が浮上している。

 ポイントは、夕方のテレ朝報道番組『スーパーJチャンネル』で長年キャスターを務めてきた小宮悦子が、来年3月いっぱいで降板することだ。別のテレ朝社員は「高額ギャラの小宮キャスターを切り、経費節減することが狙いです。後任は局アナ。下平アナは最有力でした」と語る。

 テレ朝の女子アナでは、看板番組の『報道ステーション』を担当する武内絵美アナが一歩抜き出ているが、それ以外はどんぐりの背比べ状態。小宮キャスターの後釜を狙う女子アナは1人や2人ではない。下平アナはかつてSMAP中居正広やウッチャンナンチャンの内村光良と熱愛が報じられ、その後しばらくアナウンス業務から干されたが、現在は朝の情報番組『やじうまプラス』でキャスターを任されるまでに復活した。

「そんな下平アナを"潰す"べく、誰かが長野選手との密会情報をリークした可能性は十分考えられます。報道キャスターはイメージが大切なので、今回の一件で下平アナ起用は白紙に戻ったことでしょう」(前出テレ朝社員)

 フジテレビの女子アナに比べると、地味なイメージがあるテレ朝だが、実のところは「内部はドロドロ。社内不倫が横行していて、数年前にはアナウンス部長が『風紀を正せ!』と異例の指導をしたほど」(内部事情に詳しい人物)という。

 表向きは笑顔で接していても、その裏では......。『大奥』も真っ青の局内で、女子アナはうっかりプライベートの話もできなそうだ。



イケメンボーイズが大集合!ボーイズライブチャットならmen's garden!初回10分間無料!

来年には一発屋と呼ばれ、消えていそうな芸人

株式会社ピーネスト(本社・東京都渋谷区)が今月7〜11日までにモバイルweb上で、女子高生を対象に行ったアンケート「来年には一発屋と呼ばれ、消えていそうな芸人」の第1位は「ゆってぃ」となった。

今年、爆笑レッドカーペットなどに出演し、ワカチコ!ワカチコのフレーズでブレイクした「ゆってぃ」。来年は厳しい年になることが予想される。

 株式会社ピーネストの担当者は「ゆってぃさんは予想外でした。しかし事前に行った予備調査でも圧倒的でした」とのこと。

また興味深いのが2位に小島よしおがランクインしていることだ。「小島さんは昨年も上位にランクインしていました。今年も2位で根強いですね」とのこと。

 果たして、ランクインした芸人たちの2010年の運命は?

<来年には一発屋と呼ばれ、消えていそうな芸人>

1位 ゆってぃ
2位 小島よしお
3位 天津木村
4位 狩野英孝
5位 オードリー
6位 響
7位 はんにゃ
8位 U字工事
9位 ナイツ
10位 有吉弘行

 (ピーネスト調べ)

押尾容疑者 の関係人気モデル 「女性セブン」で 実名で報道。

元俳優の押尾学容疑者(31)が麻薬取締法違反(譲渡)容疑で逮捕された事件で、17日発売の「女性セブン」が、押尾容疑者が逮捕現場となった横浜市内のマンションに住む人気モデルを実名 nanami ( ナナミ )で報じている。

 同誌によると、そのモデルは有名ファッション誌などの表紙を飾り、バラエティー番組やトーク番組にも出演。押尾容疑者が逮捕された際にいた、とされるマンションと賃貸契約を結び、部屋はモデル名義だったという。逮捕前にモデルと押尾容疑者が並んで歩く姿がたびたび見かけられているとも伝えている。モデルの所属事務所は「担当者が不在なので分からない」とした。

 同誌は押尾容疑者が前回の判決直後に会っていたという京都のホステスも直撃しており、この女性は警察の事情聴取を受けているという。

押尾学容疑者の背後にいる大物政治家は首相経験者

再逮捕された押尾学容疑者だが、その周辺が俄かに慌しい。

 押尾のスポンサーと噂されている企業経営者の女性と押尾がセックスに励んでいる映像が流出しているのだ。問題の動画は、女性が押尾らしき男性の上に乗り、手コキで男性を射精に導く様子が記録されているものだが、映像は不鮮明であり、映り込んでいる二人の人物が押尾本人であるのか、女性経営者であるのか、確認できない。容姿の似た人物を雇ったフェイク映像の可能性が高い。

 なお、この動画に関しては、インターネット上でワンクリック詐欺の誘い文句にも使われており、二次的な被害を引き起こしているので要注意である。「押尾学のセックス動画が流失」という扇情的な言葉でクリックを誘うのだ。

 さらに、押尾の背後にいる政治家数名の名前が囁かれている。いずれも自民党の大物議員であり、中には首相経験者や閣僚経験者の名前も挙がっていると取りざたされてる。今まで、押尾が強気で振舞っていたのも、この政治的な後ろ盾のおかげだと言われている。

この大物政治家が押尾のバックになっている理由は簡単である。彼らの息子が押尾のドラッグ仲間であり、噂によると、女性が死亡した現場にも立ち会っていたというのだ。

つまり、自分の息子の薬物疑惑の露呈を恐れて、押尾を庇おうとした形跡があるらしい。一部の警察出身の政治家を通して、働きかけたという情報も乱れ飛んでおり、予断が許さない状況である。
果たして、警察や検察がどこまで政界の闇に踏み込めるのか、注目される。
自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET! 愛車を少しでも高く売却したい方はこちらへ FXビギナーズシステム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。