女を性奴隷に育てる上げる裏SEXプログラム

高島彩、義母が代表を務める宗教法人と決別!?

2月25日に、元・フジテレビアナウンサーの高島彩とフォークデュオ・ゆずの北川悠仁の披露宴が横浜で行われた。式は昼夜2部構成となっており、昼の部には小田和正、笑福亭鶴瓶やフジテレビの中野美奈子アナウンサーら約500人が出席し、宴席では郷ひろみや松任谷由実らがそれぞれの楽曲を歌うなど豪華なものだったという。また、夜の部では北川はユニットを組む岩沢厚治と高島のために作ったという新曲「キミとボク」を披露し、高島が感涙するという一幕もあったという。
 
  ふたりの交際は2005年に番組で共演したことをきっかけに始まったといわれ、度々入籍がウワサされていた。しかし、その度に立ちはだかったのが宗教団体 「かむながらのみち」の教主を務める北川の母親の慈敬(本名・敬子)氏だった。それでも高島は忙しい合間を縫い、宗教の勉強や修行に励み、ようやく慈敬氏のお許しが得られたようで、昨年10月に入籍を発表していた。

 北川との6年にも及ぶ交際を無事実らせた高島だが、慈敬氏からは早速テレビ番組に出演した際のミニスカ姿を注意されるなど、その仕事ぶりに苦言が呈されたともいわれる。結婚生活を始めたばかりにもかかわらず、早速嫁姑戦争が勃発しそうだが、この原因を「週刊女性」(主婦と生活社)が伝えている。

 慈敬氏が教祖の「かむながらのみち」では、毎月1度信者の集まりを行っており、1月には高島をお披露目予定だったそうだ。しかし、高島は突然、"教団の活動はできないから、出席しない"と言い始め、この集会を欠席。面目を潰された慈敬氏は、激昂していると伝えている。

「もともと、結婚には反対だった慈敬氏が結婚を許した理由のひとつには、知名度が高い高島を広告塔に使えることがあったためといわれています。しかし、教団の活動を断ったということは広告塔としても高島は動かなくなることも考えられます。慈敬氏は結婚後高島に仕事を辞め、家庭に入ってもらいたいという願いも拒否され、徐々に慈敬氏のコントロールから離れ始めているみたいですね」(芸能ライター)

 結婚のために、「かむながらのみち」の教えを信奉し、実子の北川よりもハマりつつあるといわれていた高島。結婚した途端に翻意した裏側には何があるのだろうか。

「高島はフジテレビ夕方のニュース番組『スーパーニュース』に安藤優子アナウンサーの後釜に抜擢されるのではないかと『週刊実話』(日本ジャーナル出版)で報じられています。同番組は12年間、安藤アナと木村太郎さんのコンビで番組を作り続けてきましたが、最近は裏番組に視聴率で負けることもあり、テコ入れしたい意向があるそうです。この話が事実ならば、高島にとって宗教との関係はマイナスに働くことも考えられます。宗教を信奉するのは個人の勝手ですが、ニュースキャスターが、宗教法人の広告塔とウワサが流れてしまうのは好ましくはないでしょう」(前出・同)

 もくろみが外れた慈敬氏は今後なにかと高島の活動に意見してくることも考えられるだろう。始まったばかりの結婚生活だが、北川・高島夫妻にはすでに暗雲が立ち込めているのかもしれない。

紳助親分にほしのあき(34)と熊田曜子(29)に「姐さん」の座を巡るバトル

紳助親分にほしのあき(34)と熊田曜子(29)に「姐さん」の座を巡るバトルがあったとささやかれている。

「毎年クリスマスはパーティをやって一緒に過ごす」と互いに発言する親友同士のはずだが、実は「内部抗争」を繰り広げていたというのだ。

「もともとは、ほしのが熊田を紹介したんです。でも、そこからは熊田が積極的なまでに売り込みをして、一部で紳助さんとの沖縄密会を報じられるほど親密になった。それで、ほしののほうが手を引くようになった」(某芸能プロマネジャー)

 とはいえ、最初からほしのは紳助と深い関係になることを避けていた部分があったようだ。

「熊田が紳助さんから高級なプレゼントを受け取ったことがあるとされる一方で、ほしのは紳助さんからプレゼントされた宝飾品が高価すぎる、と怖くなって返そうとしたなんて話を聞きました。結果的には、いい形で熊田に継承できたって感じじゃないですか」(前出・マネジャー)

 そして、ほしのはある時期から、自身の直接的な売り込みよりも、紳助に後輩グラドルを紹介するような立ち位置になったという。

 そんなほしのと「シノギ」がかぶっていたのが、スザンヌ(25)である。

「もともとスザンヌは、男女問わず他の『へキサゴンファミリー』たちに呼びかけて、通称おBAKAちゃんの会≠ネる親睦会を結成し、紳助を囲んだ食事会を頻繁に催していた。これが、ほしのが紳助のために主催するようになったグラドル飲み会とぶつかって、互いに意識するようになったという話です」(スポーツ紙芸能デスク)

 ところで、スザンヌや木下優樹菜(23)と並び、へキサゴンファミリーの一員で特に紳助の覚えがめでたかったと言われる、里田まい(27)のうまいところは、ほしのや熊田らグラビア勢のように女≠武器にするだけではなく、娘≠焜Aピールした点だったという。

「まるで実の父親に対してそうするように、仕事の悩みからプライベートの相談事までを包み隠さずすることで、人情家の一面も持つ紳助の父性≠ノ訴えた。これは女性タレントたちだけに限ったことではなく、上地雄輔(32)なんかはいつも紳助のことを父ちゃん≠ニ呼んでいたでしょう(笑)。いつしか紳助みずからも、へキサゴンファミリーのことを『家族』と呼ぶようになり、寵愛しましたものね」(前出・芸能デスク)

 手を替え品を替え、紳助親分に取り入ろうとする攻防戦は続いたようである。 しかし、紳助親分は芸能界から「破門」された。かつての愛人たちは激しい抗争の骨休めをしているのだろうか。

大王製紙事件に絡む創価学会と藤原紀香

大王製紙事件に絡む創価学会と藤原紀香

バクチ好き、女好きの筑駒・東大卒のバカボン「ティッシュ王子」こと
 大王製紙元社長井川意高氏。会社が無担保で契約書も作らず
 大金を融資したのは、会社のカネ=井川氏の財布。
 バブルを彷彿とさせる豪遊振りが話題になっている。

 カネのある所には悪も群がる。
 豪遊の噂を聞きつけてカモにしたのがあのバーニング周防氏。
 周防氏は操り人形藤原紀香をエサに接触。
 紀香と愛人契約を結ばせ、井川氏から10億引っ張りだしたという。
 芸能人好きはつとに有名で、紀香以外にも熊田曜子、滝川クリステル
 田丸麻紀など交際、海老蔵の挙式にも参列。
 政界にもカオが聞き、東大同期の浅尾慶一郎、みんなの党と交流があり
 川内康一には献金。表向きには株やFX投資の失敗とされているが
 マカオ、ラスベガス、裏カジノで散財。

 そして・・創価学会。大王製紙は井川同族閥以外、
 創価学会閥しかない。 社長は創価大学4期生。
 聖教新聞紙はすべて大王製紙製というところからも
 創価大学卒が多いという。 
 この甘ったるい会社を乗っ取る為バカボンをハメ殺した
 創価学会には美味しいチャンスか。

 バカボンの女好きは定番。
 会社のスケールも女の質も格段に下がるが
 京都の老舗大垣書店社長の愛人疑惑。
 大垣氏の自称不倫相手で40才のパート女性が
 社長とのW不倫生活をセキララにブログにUPし
 世界に発信。話題になっている。

紳助引退ウハウハ芸人 〜口には出さないが心では思ってる

『週刊朝日』(朝日新聞出版)が、島田紳助の引退のきっかけとなった暴力団関係者とのメール106件を全文掲載している。同誌によると、今回掲載されたメールは、05年6月から2年間に渡る、紳助と元ボクシング世界王者の渡辺二郎との間に交わされたもの。先日の引退会見では「この程度で引退しなければいけないんです」と語った紳助だったが、山口組最高幹部を「ぬかりなく接待」し、吉本タレントのイベントチケットに奔走する姿からは、到底「この程度」では済まされない親密ぶりが伺える。

 このニュースに対しネットユーザーは強く反応。「嘘だらけの引退会見」「さっそくボロがでた」「腹が立ってしょうがない」など、もともとアンチ紳助という人々が多いネットの世界であるが、それに輪をかけて非難が続出している。だが、ネットや一部の週刊誌で紳助批判が過熱する一方で、当の芸能界から聞こえてくるのは、先日メンズサイゾーでもお伝えした小倉智昭などのような的外れな擁護発言ばかりが目立つ。

「島田紳助という芸人と親交のあったタレントや有名人は、ほとんどが彼の引退を『残念だ』とか『寂しい』という言い方でコメントしてますよね。ナインティナインの岡村隆史や和田アキ子など、テレビやラジオでそう発言してます。ただ、あくまでもそれは島田紳助の会見での発言を全面的に受け入れてのことでしょう。ここ数日で報じられた一部の週刊誌の記事で、島田紳助と暴力団との関係が、ここまで親密なものだったと明らかにされては、今後彼を擁護するような発言は難しいでしょう」(業界関係者)

 また別の関係者は、今回の紳助の引退騒動について"黙して語らず"の態度をとる業界人は多いと指摘する。

「島田紳助とあまり親交のないタレントからの意見というのは、暴力団絡みということもあってか、ほとんど見られなかったですね。もっともメディアがコメントを取りに行かなかっただけということかもしれませんが。ただ、何も言わないタレントの中には、島田紳助の引退にガッツポーズをしている人たちも多いでしょう。特に紳助と直接いざこざのあった東京03なんかは、23日の引退会見の夜は祝杯をあげたかもしれないですね(笑)。まあ、これは冗談としても、あれだけ芸能界で強い影響力を誇示した人ですから、その人の引退ということで風通しの良さを喜ぶ人も多いでしょう」(番組制作会社関係者)

 さらにこの関係者は、紳助引退を喜んでいるであろう芸人について言及してくれた。

「あくまで推測ですが、以前から一部の週刊誌などで不仲説が取り沙汰されていた森三中の大島美幸なども、紳助の引退を喜んでいるのではないでしょうか。夫婦揃ってと言った方が適切かもしれません(笑)。それから、だいぶ昔ですが、番組収録中にボコボコにされたという記事が『実話ナックルズ』(ミリオン出版)に載った麒麟の田村裕なんかも同じことが言えると思います。紳助は同じ事務所の後輩に相当厳しかったようですからね。彼に気に入られなかった吉本の後輩は、大なり小なり窮屈な思いをしたことでしょう。また、自身の番組にはほとんど決まったメンバーしか出演させなかった紳助の引退を、在京の芸人たちは喜んでいるはずです。吉本芸人と違って、東京の芸人には縦社会という意識が薄いですからね。紳助のようなタイプのタレントがいなくなるってことは、それだけで喜ばしいことと言えます。もちろんそんなことは口に出して言いませんが、心の中で万歳三唱している芸人さんは多いでしょう」(前出)

 確かにこの関係者が指摘するように、関東の芸人には吉本のような絶対芸歴主義のような厳しい上下関係という印象が薄い。人を煙に巻いたような芸風を持つおぎやはぎや毒舌でならす有吉弘行といった芸人連中を見れば、それは明らかだろう。そしてこういった芸人たちが紳助とあまり共演していないことは周知の事実といえる。彼らの心中がいったいどんなものなのか、普段のテレビ出演を見ていればおよそ察しが付くということなのかもしれない。もちろん彼らが公の場で紳助引退を喜ぶことはありえないが、今後やってくるであろうテレビバラエティーの大きな変革の中で頭角を現そうとしていることは間違いないだろう。

小向美奈子がついにAVデビュー

小向美奈子が10月、
 アリスジャパンよりついにAVデビューするという。



 すでに花と蛇でAVもどきのラブシーンは体験済みだが
 フィリピンで撮影済、10月発売のAVは3Pや中出しもある
 ガチンコものだというから驚きだ。1作だけでなくやまぐちりこのように
 何作も作られる予定との事。



 しかし、SODのストリップAVより以前に
 本番ビデオは以前に関係者から流出していたともいわれている。
 本人かどうかは不明だが・・

 ギャラが1本2000万、5本というから1億は転がり込む事になる。
 フィリピン帰国後の逮捕、事務所のフォローを考えると
 AVデビューも頷けるだろう。もはやAV以外に道はない小向、
 作品に期待。

紳助 うそバレた!「あるわけない」写真あった

暴力団関係者との「親密な交際」があったことを理由に芸能界引退を表明した元タレントの島田紳助さん(55)と、同暴力団関係者が一緒に写真を撮っていたことが24日、明らかになった。この関係者は指定暴力団山口組の最高幹部の1人。05年に大阪府警が同幹部の関係先を家宅捜索した際に写真を発見していた。紳助さんは23日夜の記者会見で、写真の有無について「あるわけないですから」と完全否定していたがこれを一夜にして覆された形だ。

 会見の冒頭、「全て正直にしゃべろうと思っております」と切り出した紳助さん。だがその翌日、本人の説明とは矛盾する“証拠”の存在が明るみになり、暴力団関係者との親密ぶりをよりうかがわせる結果となった。

 捜査関係者によると、紳助さんが会見で「Bさん」と説明していた暴力団関係者は、指定暴力団山口組系「極心連合会」の会長。山口組No・4にあたる「筆頭若頭補佐」という役職を持つ最高幹部の1人だ。同じく「Aさん」としていた、紳助さんの友人で元プロボクシング世界王者の渡辺二郎被告(56)=恐喝未遂罪で実刑判決を受け上告中=が、2人の仲介役となっていた。渡辺被告も「極心…」の相談役とされている。

 同幹部をめぐり、大阪府警が05年に関係先を家宅捜索した際、幹部の家族と紳助さんの写った写真が見つかった。さらに、紳助さんが幹部に宛てた直筆の手紙も発見されていたという。

 紳助さんは05年から07年ごろに渡辺被告を通じて送ったメールで、幹部が競売入札妨害などの容疑で大阪府警に逮捕されたことを心配し、自分が経営する店で高額な飲食をしてくれたことを感謝していた。大阪府警が07年に渡辺被告を逮捕した際の携帯電話の解析でも同様の内容が明らかになったという。

 一方、紳助さんが23日夜の記者会見で明らかにした10数年前のトラブルは、テレビ番組での自身の発言をめぐる右翼とのもので、渡辺被告を通じて、同幹部が解決に乗り出していたことが捜査関係者への取材で判明。それ以降、暴力団関係者の間では、同幹部と紳助さんの親密ぶりを指摘する声があったという。

引退会見直前に駆け抜けた「紳助逮捕」噂の舞台裏

明確に法律に触れているわけではないので、何も引退することはないと思う――。

 島田紳助さんが電撃的な「引退会見」を開いた8月23日から一夜明けて、テレビ各局のワイドショーには紳助さんとゆかりのあったタレントらが出演し、みな口を揃えてこう彼をかばった。

 しかし、果たして本当にそうなのだろうか?

 実は、この「引退会見」が行われた23日の昼過ぎ、「紳助逮捕」というまことしやかな噂が芸能関係者の間を駆け抜けていたのだ。スポーツ紙の芸能社会部記者が明かす。

「最初は『紳助逮捕』という話が入ってきたのですが、夕方くらいの段階で『どうも逮捕の話は伏せて、引退会見というかたちで何か話すようだ』というふうに変わった……。ただ、この時点で吉本興業の社員にはみな厳しい緘口令が敷かれて、全員社屋への立ち入りさえ禁止になるなどただならぬ事態になっていましたよ」

 この日の夕方、マスコミ各社には「島田紳助の今後の活動について」と書かれたリリースがファックスされたが、実際に会見場を訪れると、「島田紳助 芸能活動引退に関するお知らせ」という案内が配られた。会見の様子はテレビで繰り返し流された映像を見ればわかるが、「後輩に示しがつかない」「この程度で引退しなければならないんです」「若い奴らに何かメッセージを与えないといけない」という理由から、敢えて「引退」という道を選んだ……と、あくまでも“教育的見地”に立った気丈な会見は、さながら自らの芸能人生の大団円を迎え大見得を切っているようにも映った。

 しかし、会見を見る限りどうしても腑に落ちない点がいくつかある。そのひとつが、「外部の情報提供者」から持ち込まれたというメールの問題だ。

「昔からの友人」と紳助さんが話していた「Aさん」、つまり、元プロボクシング世界王者で、羽賀研二被告の共犯として逮捕された渡辺二郎被告(恐喝未遂罪で実刑判決を受け現在上告中)との間で交わされたメールのやり取りが、指定暴力団の最高幹部(’05年に虚偽の売買契約で不動産差し押さえを免れた強制執行妨害容疑で逮捕)との「親密な関係」を裏付ける証拠とされているが、実はこのメール、’05年6月から’07年6月に交わされたかなり古いものなのだ。

なぜ、今頃になってわざわざそんな古いメールが引っ張り出されてきたのか?

元検事で、暴力団関連の凶悪事件も手がけてきた今枝仁弁護士が話す。

「すでに警察の捜査が終了している渡辺二郎被告の捜査資料がこのタイミングで出てきたということは、すでに逮捕されている指定暴力団の最高幹部の事件が“のびた”と考えるか、もしくは、まったく別の事件で新たにこの島田さんとの間で交わされたメールが重要視されたため、会社側に確認の連絡がきたと考えるのが自然でしょう」

  一方、会見前に飛び交った「紳助逮捕」の噂について、吉本興業の関係者が声を潜めて話す。

「『紳助さんが逮捕されたのでは?』という噂は社内にも出回りました。これほど大きな会見なら吉本トップの大崎(洋・吉本興業)社長が直々に出ると思われていたので、その代わりに水谷(暢宏・よしもとクリエイティブ・エージェンシー)社長が出ていたのはヘンだともみんなで話していたんです。もしかしたら、大阪にも飛び火して、かなり大きな事件に会社全体が巻き込まれているんじゃないかって……」

  一昨年、六本木ヒルズの一室でMDMAを服用し同伴のホステスが死亡した事件が発覚した押尾学被告(保護責任者遺棄罪で実刑判決を受け現在上告中)のケースでは、逮捕報道が出る直前に、本人が所属事務所を解雇されたが……。

田畑智子、30歳記念しフルヌードに初挑戦

女優の田畑智子が、自身初の写真集「月刊NEO 田畑智子」でフルヌードを披露していることがわかった。12歳のときに映画「お引越し」(相米慎二監督)の主演で銀幕デビュー。その後も順調にキャリアを重ね、映画、ドラマ、舞台で存在感を放ち続けてきた田畑が、30歳を迎えすべてをさらした。

「30歳になった私の体って、どう写るんだろう」。清純派女優として数多くの映画に出演を続ける田畑は、節目の年に自分のこれからを特に意識するようになったという。そして、「何かを残したい、新しい自分を作ってみたい」という気持ちを抱くようになった。



強い決心を胸に、撮影は仏パリで敢行した。写真は、パリ在住経験のある松井康一郎が担当。田畑は、1カ月間にわたり体作りに励んだそうで「今回どこまで自分が出来るか試したかったんです。一番いい状態で臨みたかったので、とても素敵な経験になったと思います」と振り返る。カメラの前の田畑は瑞々しい肢体をさらし、どこまでも自然体だ。撮影を終え、「自分でも知らない表情があるんだなと感じました。これからの自分の人生の中で宝物になると思います」とコメントを寄せた。

また、写真集と連動して展開する「月刊NEOムービー」では、新進気鋭の若手監督・入江悠が監督、脚本を手がけ、田畑との本格的な短編映画を実現させた。実際に起こった事件を題材に製作され、ラストシーンからは目をそらすことができない仕上がりになっている。



DMM.com DVD通販

自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET! 愛車を少しでも高く売却したい方はこちらへ FXビギナーズシステム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。