女を性奴隷に育てる上げる裏SEXプログラム

愛娘のデビューに思う "悪女"大竹しのぶと"良父"明石家さんまの関係

明石家さんまと大竹しのぶの長女のIMALUが、モデル、タレントとしてデビューすることが明らかになった。

さんまと大竹は離婚して17年が経つが、2人について取材した経験をもつ筆者には感慨深いものがある。


 特に、大竹はおっとりした話し方のため、一見、優しそうな女性に見えるが、そんなことはない。さんまの人生は、離婚後も大竹に翻弄されてきたと言っていいだろう。一言で言えば、大竹は"悪女"である。


 大竹は1982年に、TBSのドラマディレクターの故・服部晴治さんと結婚するが、これは"略奪婚"だった。当時、服部さんは女優の中村晃子と同棲。事実上、婚約までしていた。それを知りつつも、大竹は服部さんに急接近。中村に「泥棒猫」と言われても動じなかった。


「服部さんは、かなりの遊び人で、大竹と結婚後も銀座のクラブにも彼女が何人かいたんです。ところが、胃がんになって、長期入院することになった。大竹は、ひたすら夫を看病する健気な妻を演じていましたが、一方では、服部さんに内緒で、ドラマで共演したさんまとデートを繰り返したいんです」(元TBS関係者)


 服部さんは、胃がんで87年に他界するが、大竹は夫が亡くなる前から、さんまと不倫関係にあったのだ。

 翌年に、さんまと再婚。ショックを受けたのは、大竹の"芸能界育ての親"と言われていた所属事務所のS社長だった。

「結婚と同時に、大竹はさんまの個人事務所に移籍してしまったんです。それまでさまざまなタレントを手がけていたんですが、裏切られたショックで、芸能マネジメントから手を引いてしまったんです」(事情を知る知人のマネジャー)

 さんまは大竹と結婚したものの、"主夫業"もやらされたことで疲弊していった。大竹は大竹で、舞台『真夏の夜の夢』の演出を務めた野田秀樹と不倫。さんまは「真夏の夜の悪夢だ」と言って、92年に離婚した。その後、大竹は野田と5年間も同棲生活を送った後に破局している。


 さんまは、幼い頃に母親を亡くし、弟も火事で亡くしているためか、家族というものへの強い思いを語ったことを記憶している。離婚後、さんまは、大竹と前夫・服部氏との間にできた二千翔ちゃん、それに2人の間に生まれたいまるちゃんと、どんなに忙しくても、毎月会っていた。自宅近くの駒沢公園で、親子3人が仲良く遊んでいる姿がたびたび目撃された。2人が大きくなるにつれ、親しいキムタクとファミレスで食事したりする光景も報じられた。

さんまが再婚しないのは、IMALUへの配慮かもしれない。それと、大竹という"悪女"との結婚がトラウマになっているのかも。

芸能界追放?! 宮崎あおいの夫・高岡蒼甫の浮気相手が引退

女優・宮崎あおい(23)の夫の俳優高岡蒼甫(27)との「手つなぎ愛」
を報じられたアイドル金原あすか(19)が芸能界を引退していたことが
分かった。


(以下引用)
金原の所属していたサンミュージックブレーンによると、金原が
家族会議を開いて「芸能界には向いていない」との結論に
達したという。

先月に金原が退社意志を事務所に伝え、母親も上京してあいさつした。
関係者によると、金原は「高岡さんに強引に自宅に送られた。
のどが渇いたというので玄関先で水をあげただけ。決して不倫では
ない。潔白です」と話しているという。

また同誌は、金原が駿台予備校イメージモデルを降板したことも
報じた。駿台広報は「別のタレントに差し替えた」と説明。
金原を起用したポスターは制作済みで100万円単位の印刷代が
無駄になってしまったという。

サンミュージックブレーンは「金額は言えないが、相当の金銭は
お支払いしています」。
(引用 日刊スポーツ)

また、同誌によるとマネージャーも責任をとってクビになったという。
(以下引用)
「駿台は総額およそ3億円の広告プロジェクトの被害があったそう
です。当然、金原の所属事務所に損害賠償や違約金を請求するわけ
ですが、事務所もそんな大金は支払えないので、それこそ土下座
する勢いで謝り、値下げをお願いしたといいます。

さらに金原を担当していたマネージャーは責任をとらされ、
3月いっぱいでクビにされました」(芸能関係者)
(引用 週刊文春)

金原の引退は両親が「芸能界を辞めさせて北海道に連れて帰る」と
言ってきたと所属事務所が話しているが、実際のところは
事実上のクビだろう。
国民的女優になってしまった宮崎の夫と不倫報道となれば、
今後彼女のイメージを回復するには相当な時間を要するだろうし、
テレビ局も起用しずらい。

だが、今回の件は金原と手をつないで歩いていたり、自宅に行った
高岡にも責任があると思うが、彼はお咎めなし。
周囲は、宮崎に離婚をすすめまくっているようだが、離婚した
途端、高岡の居場所はなくなりそうだなぁ・・・。

小室ファミリー 元メンバーがAVデビュー!

元L☆ISの牧野田彩がAVデビュー

芸能人がAVデビューする流れがすっかり定番となってきたが、ついにあの小室ファミリーからAVデビューする娘が出た。

AVデビューが明らかになったのは、1996年8月、テレビ東京系の人気番組 「ASAYAN」の小室ファミリーオーディション企画「コムロギャルソン」から誕生した女性ボーカルユニット「L☆IS」の元メンバー、牧野田彩(まきのだ あや・29)。

アイデアポケットから、2009年5月1日「FIRST IMPRESSION 42(ふぁーすといんぷれっしょん42)」という題でAVデビューを果たす。


L☆ISは、小室哲哉のヒット曲をメドレーにした曲「Running On」でデビューするなどしている。当時、ASAYANを見ていた世代ならば記憶している方もいるのではないだろうか。


小林麻耶、ダメ出しに涙! 新番組「THE NEWS」低迷

4月より、全番組の約7割が変わる大改編に挑んだTBS。
その目玉でもある、フリーになったばかりの小林麻耶(29)アナを
メインキャスターに据えた「総力報道!THE NEWS」。

しかし、ふたを開けてみれば視聴率はさっぱりで、苦戦を強いられて
いる。
放送初日の30日、NHKの「ニュース7」が視聴率17%だったのに対し、
同時間帯の「THE NEWS」は7.1%という結果に。

今のところ浮上の目処も立ってないというが、何が原因なのか。


(以下引用)
TBS関係者は頭を抱える。
「麻耶も自身のブログで『とても緊張してしまい、カチカチになっ
てしまいました』と書いていたように、初日は噛みまくりで
した。

それ自体は場数を踏めばよくなるのでしょうが、問題は番組の企画
内容です。これといった目玉もなく、視聴率はさんざんで、社内で
も番組への厳しい意見が出ていました。

放送2日目の3月31日夜には、スタッフから麻耶の力量を疑問視する
声が出て、麻耶は局内で悔しさのあまり涙をこぼしたそうです。
しかし、泣きたいのは番組スポンサーでしょう。夜7時代は最低で
も2ケタ、合格ラインは12%です。スポンサー離れが起きないか
心配です。」

実際、改変前の19時台には「東京フレンドパークU」や「ぴったん
こカン・カン」など、高視聴率番組が揃っていた。このまま低視聴
率が続くようでは、おのずと番組の“看板”である小林アナに
矛先は向く。放送担当記者もこう言う。

「麻耶をどう使うか迷走していますね。番組制作側は麻耶を可愛く
撮りたいのでしょう。しかし、変なカメラワークや麻耶を必要
以上に目立たせる演出はかえってマイナス要因になります。

スタッフの姿勢も問題です。例えば、小林さんの脚を舐めるように
撮るカメラワーク。『これを狙ってたんですよ』と開き直って
いました。また当初は、気象予報士の佐藤大介氏を『大介さーん』
と下の名前で呼びかけさせるなど、報道番組としてどうなんでしょう。

最新である昨日(4/6)の視聴率は7.7%だった。
かなり苦戦しているようだ。

これでは、これまでついていたスポンサーが離れてしまうのでは・・・。

また、そのTBSの他に日テレが19時代を大きく改編し生放送番組を
導入したが、その結果、昨日スタートした、日テレの「サプライ
ズ」も5.8%と大コケ。

両局とも経費削減で改編するも、裏目に出てしまったようだ。

キングコング西野マナー違反に激怒 ファンのカメラを放り投げる

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんが、マナーの悪さに怒って、ファンのカメラを放り投げたと明かしたことに賛否両論が起きている。そこまでしたマナーの悪さとは――。

子どもを利用して母親が執拗に撮影迫る
「アホ」「ウンコ野郎」。こんな言葉使いで一部2ちゃんねらーを罵倒してきた西野亮廣さん(28)が、その宿敵ともされるねらーから珍しくほめ言葉をもらっている。

「やべえよ西野さんまともじゃんおい」「西野さんかっけーっす」「西野嫌いだけど 今回だけは味方してやるよ」
キンコン西野さんは、苦笑いかもしれない。一部ねらーから称えられたのは、公式ブログ「西野公論」の2009年4月5日付エントリー。前日に、仲間うちでお花見をしたときのことを書いたものだ。

それによると、ほかにも花見客がたくさんいる桜の名所らしき場所で、西野さんが芸人仲間らと楽しんでいると、子どもらが「写真撮って」と近づいてきた。普段は、気さくに撮影に応じるという西野さん。しかし、今回は、認めてしまうときりがなく、仲間や隣のお年寄り客に迷惑と考えて断った。そのお詫びに、10分ぐらい子どもたちと遊んだという。

ところが、子どもらはまたちょっかいを出しに来て、なんと1人がカメラのシャッターを切ろうとした。西野さんの仲間が制止して、遠くから笑って見ていた母親に説明すると、「子どもがやったことなので知りません」。しばらくして母親が撮影依頼で近づいてきて、西野さんが断ろうと頭を下げると、母親がカメラを構えた。

これにキレたのが西野さん。「母親からカメラを取り上げて遠くに放りなげた」というのだ。もちろん、母親は怒って、「酔ってるんですかっ!」。西野さんは、思うところがあったのか、ブログでは、「なんだか、すみません」とこの話を結んでいる。

2ちゃんねるでは、西野さん賞賛の声がある一方で、この母親のマナーの悪さを指摘する声も相次いでいる。「子どもをダシに使う親多すぎ」「これは母親がDQNすぎる」などだ。

「どっちもどっち」と冷めた声も
しかし、西野亮廣さんがカメラを放り投げたことについては、厳しい声が多い。

「これは相手も悪いけど投げたらだめだ」「普通カメラなげねーよ」
もしカメラが壊れているとしたら、トラブルになる可能性がある。

そもそも西野さんは、もっと立場を考えて花見に参加すべきとの声もある。「人目につくようなとこは避けろよ」「芸能人だから有名税は仕方ないだろ」との指摘だ。さらには、2ちゃんの書き込みには、「どっちもどっち」「こういう事はお口チャックマンだろ」という声から、「どうせネタだろな」との見方さえある。今のところ、ブログのエントリーだけで、真相は不明だ。

ところで、最近は、ネット上でも、マナーの悪い一部ファンの行為を巡って論議になっている。アイドルに罵声を浴びせたり、置き忘れた携帯電話からデータを盗んだり。自宅マンションに侵入して逮捕されたケースさえも報じられた。

ある女性タレントの事務所スタッフは、こう明かす。

「ファンの大半はいい子たちですが、行き過ぎた行為の人もいます。ある声優のライブでは、騒ぐのが楽しいと悪ノリして、2階席から水をばらまいたファンがいました。上体を大きく反らすなどの『ヲタ芸』をするファンは多く、周囲に当たってもおかまいなしで、イスを壊したりケガをさせたりしたケースもありました」
その理由として、このスタッフは、「熱意を認められたい願望なのかもしれません。だから、人と違う目立つことをするんですよ」と指摘する。

ファンの暴走の背景には、メディアの影響もあるとみる。「ヲタ芸などは、テレビで取り上げられ煽られたのが大きいでしょうね。だから、市民権を得ていると勘違いするんですよ」と手厳しい。

西野さんのケースについては、このスタッフは、「そこまで悪質な写真撮影は、あまり聞かないですね。カメラを放り投げるというのだから、相当ひどかったのでしょうね」と話している。



登録は完全無料です。
しかも、今なら登録するだけで“1,000円”のコミッションが発生します


http://jmp-amall.com/letter.php?pr=35647

ハリセンボン箕輪が肺結核… 共演者を都が検診へ

女性お笑いコンビ「ハリセンボン」の箕輪はるか(29)が肺結核のため約2カ月入院することになった。すでに都内の病院で入院治療中。

所属事務所によると、復帰は「本人の回復状況に合わせて検討する」といい休業が長期にわたる可能性もある。

また、東京都は感染拡大防止のため、接触者の調査と健康診断を実施することを決めており、共演した芸能人にも影響が広がりそうだ。

 所属する吉本興業によると、箕輪は入院の数日前、関係者に「熱はないがせきが止まらない」と訴えており、医師の診察を受けた。
その後も仕事を続けていたが、今月2日から仕事をキャンセル。3日に都内の病院であらためて精密検査を受けたところ、肺結核と診断された。

 5日にも、大阪市内で参加予定だった新番組の会見を欠席した。心配される箕輪の病状については、主治医の話として「内服治療を開始して安定した状態。病室での様子も、元気だと聞いている」としている。

 箕輪の病気を受けて、相方の近藤春菜(26)とマネジャーも即検査を受けたが、幸いにも2人とも発病しておらず、仮に感染していても伝染させる心配はないと診断されたため仕事を続けている。

 現時点で箕輪の復帰時期についてはめどが立っていないが、1人でこなせる仕事については、当面、近藤が単独でこなしていく方向。漫才などコンビの仕事は、代役をたてて対応していくという。近藤は「治療に専念してもらって、一日も早く元気になってほしい」とコメントしている。

 空気感染が起こり得る病気のため、保健所は昨年12月1日から今月3日までスタジオや劇場、テレビ局などで共演したタレント、さらにハリセンボンを応援したファンに対し所属事務所を通じて呼びかけを開始。テレビのレギュラー番組7本のほか、ゲスト出演も多数の売れっ子だけに、芸人仲間にも感染が広がる可能性もある。

 東京都は6日、箕輪の肺結核による入院発表を受け、感染の相談に臨時電話で応じると発表した。芸能人という職業柄、ファンなど幅広い人との接触が考えられるためという。相談受付は平日午前9時〜午後8時、(電)03(5320)4572。

 ◆箕輪 はるか(みのわ・はるか)1980年(昭55)1月1日、東京都北区生まれ。都立保谷高―早稲田大第二文学部卒業後、2004年にツッコミ・近藤春菜と「ハリセンボン」を結成。08年5月に、放送作家・せきしろとの交際が発覚した。1メートル60、50キロ。血液型A。


登録は完全無料です。
しかも、今なら登録するだけで“1,000円”のコミッションが発生します

http://jmp-amall.com/letter.php?pr=35647

ミスチルが今年で解散!? エイベックスと小林武史の新レーベルが桜井を引き抜き!

桜井和寿(39)がボーカルを務め、幅広い世代から絶大な人気を誇る
バンド“ミスチル”こと「Mr.Children」が、結成20年の節目となる
今年、「解散、もしくは無期限の活動休止状態に入る」という衝撃の
情報が浮上している。


近年、音楽業界のトップを走り続けてきたと言っても過言ではない
彼らに一体何が起こっているのか。


(以下引用)
「現在行われている全国ツアー以降、スケジュールは白紙状態。
いままでならレコード会社との間で必ず取り決められていた新曲
リリースの期日も、今回は設定されていない。

09年はバンドとしての“ミスチル”を見られる最後の年になって
しまうかもしれません」(大手レコード会社関係者)
音楽関係者の間に密かに衝撃が走っている。「Mr.Children」が
今年、解散もしくは無期限の活動休止状態に入るというのだ。

「今年1月に恵比寿(渋谷区)のライブはイスで、新しいレーベル
(ORS)のお披露目イベントが行われました。そこに出席した関係
者の間でミスチルの解散が話題になったんです。

『ORS』はミスチルの所属事務所『烏龍舎』が、大手レコード会社
のエイベックスと共同で発足したLLP(有限責任事業組合)です。
一昨年から両者は協力体制を敷いていますが、本格的に始動したの
は今年から。その新レーベルの最大の目的が、今は別の会社に所属
しているミスチル、つまり桜井の獲得なのだそうです。 」
(音楽ライター)
『烏龍舎』は、代表の小林武史(49)が91年に設立したプロダクシ
ョン。ミスチル以外には『レミオロメン』などが所属する。
小林はミスチルのプロデューサーであり、ほとんどの作品の編曲に
携わっている。桜井も小林氏に絶大な信頼を寄せているが、ミス
チルが所属するレコード会社は、小林の『ウーロンレーコーズ』で
はなく、別会社の『トイズファクトリー』だフェミニーヌ pr (略)
そんな中、小林氏とエイベックスが動き出したことで、桜井の『ORS』

移籍計画が浮上したという。
「エイベックスにとっては、ミスチルは喉から手が出るほど欲しい
コンテンツ。業界最大手のレコード会社とはいえ、最近は浜崎あゆ
みや倖田來未など、自前のアーティストの売上げが伸び悩んでいる。
そこで、『EXILE』のような別のプロダクションに所属する
アーティストを積極的に手掛けています。

実際、エイベックスが小林氏と新しいバンドに取り組む話しが進んでいて、
その目玉が桜井ということなんです。 」(レコード会社員)
そのままバンドごと移籍させては、音楽業界ではどうしても角が
立つ。そこで一度、ミスチルを解散させたうえで、身軽になった
桜井だけを引き抜こうという筋書きなのだという。

一説にはミスチルのドラム・鈴木が新バンドのメンバーに加わる
と言う話もある。
(引用「週刊現代」より)

ミスチルは信頼関係が強く、仲がいいことで知られているが、
この100年に1度の不況では、仲がいいだけではやっていけない
というのが現状だという。

レミオロメンは事務所もレーベルも烏龍舎だから売れればそっくり
会社の利益になるが、ミスチルのようにレコード会社が別だと
半減以下になる。

そこにエイベックスと小林の共同出資レーベルが、桜井獲得に出たようだ。
ツアーをするバンドには、交通費宿泊代などが膨大にかかる。
サザンの解散に続き、ミスチルもとは・・・。

状況はわからなくないが、いちファンとしては、解散は避けて
欲しいと願いたい限りだ。

タレントのクビ切り真っただ中

芸能界の不況については何回か触れたことがある。だが、今までは不況の前触れにしか過ぎない。いよいよ不況は本格化し、現在、タレントのクビ切り真っただ中。芸能プロダクションの経営を直撃し始めた。あるプロダクション社長はため息をつきながら話した。

 「今までテレビ局を言いなりにしていた大物タレント所属のプロダクションも仕事がなくなっている。制作費を削られている制作プロダクションは、ギャラの高いタレントを一切使わない。本当はテレビ局よりもプロダクションがつらいのですよ」

 確かに信じられないような話が聞こえてくる。「Aという大物タレントはギャラを下げたらしい」「いや、Bは半額になったよ!」「それどころじゃないよ、Cというプロダクションに所属しているフリーアナは某テレビ局では全員クビ。フリーアナウンサーは、今後仕事がないよ」

 フリーアナに関していえばギャラの安い名前が売れていないアナまで切られ、局アナに変わっている。

 確かに某局の朝のワイドショーに出演しているフリーの女子アナは、番組改編を理由に契約を打ち切られている。切られた女子アナはアイドル的な人気があるフリーアナだけに、早くも視聴者から問い合わせが殺到しているそうだ。

 さらにテレビ局の経費節減は進んでいる。4月から始まった中山秀征の「おもいッきりDON!」(日本テレビ)、恵俊彰の「ひるおび!」(TBS)の昼の番組は3時間に拡大しているが、経費は3分の1ほど下がるそうだ。というのも、前の番組から去った、みのもんたと福澤朗のギャラがいらなくなったからだ。

 面白い現象が起きている。こないだまで「あの人は今」といわれたダンディ坂野、波田陽区らがひそかに復活している。「彼らはまだ消えてから間もないし、視聴者が覚えている。その間、だいぶ勉強して芸もあがったし、まだ鮮度がある。何よりもギャラが安いので、使いやすい」とプロデューサー。

一発芸の象徴的存在である「そんなの関係ねエー!」の小島よしおも、いまだに消えていない。「まだギャラが安いし、なによりも知名度がある。大物タレントを起用するよりも経済的です」。

 以前、消える大物タレントについて触れたことがあるが、ビートたけしを除けば事態はより深刻化している。大物たちは徐々にテレビから消えて、プロダクションとテレビ局のバーターは通用しなくなっている。

なによりもテレビ局自体が深刻化している。「コピー用紙は必ず裏表を印刷して数を申告する。ところが失敗が多くて以前より数が増えているんですよ。裏表を印刷したコピーなんてお客さんには出せませんよ」と編成部員。

 今まで1500万円の年収をもらい、わが世の春をおう歌していたテレビ局員は、60歳を過ぎると400万円に下げられるそうだ。それでも400万円という給料は下請けのADよりもまし。「ざまあみろ…」という声が制作会社の社員から聞こえてきた。







自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET! 愛車を少しでも高く売却したい方はこちらへ FXビギナーズシステム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。