女を性奴隷に育てる上げる裏SEXプログラム

藤原紀香と陣内智則がわずか2年で離婚へ

女優の藤原紀香(37)とお笑いタレントの陣内智則(35)が
離婚することが分かった。

日刊スポーツ、スポニチ、スポーツ報知がそれぞれ一面で伝えている。


すでに離婚届は両者の判が押された状態で、近日中にも提出する。

関係者によると、昨年秋ごろから2人の関係が悪化した模様で
修復は難しく、先月末、紀香が主演舞台の千秋楽を迎えたのを機に
決断したようだ。
関係者によると、すでに陣内は離婚届に判を押して紀香に渡した
という。

順風満帆だった2人の関係が悪化したのは昨年秋ごろ。
陣内は司会を務めていた読売テレビの情報番組「なるトモ!」を
昨年9月で卒業。それまで東京―大阪間を週に2往復以上、自宅の
ある東京から大阪まで新幹線で“通勤”しており、すれ違いの生活
を解消するためか、との質問には「そのためではない。(番組の
卒業は)相談していない」と話していた。

在阪のテレビ関係者は「2人の間に何らかの決定的な問題が
起こったようだ」としているが、本紙の取材では、この時期に
持ち上がったトラブルが離婚の直接の引き金となったと思われる。
(引用 スポーツ報知)

あまりに早すぎてビックリである。
離婚説などもあったが、格差婚を乗り越えて、なんだかんだ
仲良くやっているのではないかと期待していたのだが・・・。

陣内は関西で積み上げてきた「なるトモ!」の司会を降板までした
のに、その途端にうまくいかなくなるなんて皮肉な話である。

2人は2007年2月に生田神社で挙式し、5月には豪華披露宴を行なった。
披露宴の放送を見た人も大勢いると思うが、わずか2年で破局と
なりそうだ。

日刊スポーツは「陣内のDV説」も伝えているようだが、前田忠明が
「それは絶対にない」とコメントしていた。

決定的な問題とは何だったのか。浮気?暴言?






コブクロが金銭トラブルで解散危機!?

超人気デュオ「コブクロ」に"不仲説"が流れている。金銭トラブルで、解散の危機に陥っているというのだ。

「印税の配分をめぐって、ここに来て、小渕健太郎が事務所に厳しい要求を突きつけているんです。ここの事務所は素人集団みたいなもんですから、どう収拾していいか頭を痛めてますよ」(レコード関係者)

 コブクロは、大阪市内で路上ライブをやっていた小渕とストリートミュージシャンだった黒田俊介が出会って、1998年に結成した。メジャーデビューは01年。

「所属事務所は、彼らのファンだった和歌山県に住む坂田美之助さんという人が作った『ミノスケオフィスコブクロ』という個人事務所。いまでも和歌山にあるんですが、この社長、芸能ビジネスは素人ということで、大手プロの『研音』と業務提携したんです。彼らの曲は『研音』所属の役者が出演するドラマの主題歌が多いのはそのためです」(ドラマ関係者)

 一昨年、コブクロの『蕾』が大ヒットし、日本レコード大賞を受賞。昨年からアルバムやシングル、ネット配信の莫大な印税が入ってきてから、二人の関係がおかしくなったという。

「デビュー曲の『YELL〜エール〜』や陣内智則が披露宴で歌った『永遠にともに』、『蕾』など、売れてる曲の大半は小渕が作詞作曲したものですから、彼に多く印税が入りるのは当然ですが、あまりにもかけ離れている。黒田としては不満が募っていたんですよ。にもかかわらず、小渕が『俺のほうが貢献しているんだから、もっとよこせ』と事務所に要求したんで、おかしくなったんです」(前出のレコード関係者)

 3月22日には"第2の故郷"といわれている和歌山県での凱旋ライブが予定されているが、二人の息はいつものように合っているだろうか?




スザンヌがキャスター転向!? おバカキャラ卒業で知性派に

タレントのスザンヌ(22)が、“おバカキャラ”からの卒業を
宣言して話題になっているという。


今後は知性派タレントを名乗り、ニュースキャスターの座を
狙っているとの噂が浮上している。


実はスザンヌの賢さは芸能界でも評判になっていた。
「地元・熊本のスナックで働いていたころから客あしらいも
上手で人気No.1だった。


今でこそ“おバカ”を装っているが、頭が良くないと水商売は
できない」(関係者)
また、「クイズ!ヘキサゴンU」で共演している島田紳助(52)も
彼女は、自分の見せ方をよく知っている。

それにかなりの苦労人で、しっかりしているやつや。あいつは
生き残れるわ」と太鼓判を押したというのだ。(略)
目標のキャスターデビューだが、全くの絵空事ではないようだ。
「実は秋の特番でスザンヌの初冠番組が編成に上がっている。


スザンヌが子供から大人まで理解できるように、時事問題を
わかりやすく解説するそうです。」(制作関係者)
(引用 東スポ)


おバカキャラから転向しようとしているのは
なんとなくわかるが、知性派タレントとは。


芸能界で生き残るのもいろいろ大変なようだ。
それより、スザンヌの賢さは芸能界でも評判って、やっぱり
今のもキャラ作り!?






オードリーの異常な出まくりはなぜか

お笑いコンビ「オードリー」が異様なほどテレビに出まくっている。

まだレギュラー番組はないが、3月の出演番組はなんと36本。

 オードリーはボケの春日俊彰(30)とツッコミの若林正恭(30)のコンビで、春日の意味不明な発言やツッコミに対し、若林がさらにツッコミを入れる“ズレ漫才”が持ち味。昨年の「M―1グランプリ2008」で敗者復活枠から2位になり、一気にブレークした。

“新顔”にしては異例なのがCM出演。2月から3月にかけて一気に3本がオンエア。まさに、テレビで顔を見ない日はない状態である。

 昨年の「M―1」で優勝したのは「NON STYLE」だが、こちらの3月のテレビ出演は12本。2位だったオードリーが“勝ち組”になっているのは明らかに逆転現象である。

いったい、なぜか。

「ノンスタが所属している吉本興業は他にも山ほど芸人がいて余裕があります。しかし、オードリーが所属する事務所が抱えているのは原口あきまさ、前田健、はなわらで、いずれもピークを過ぎているから、オードリーへの力の入れ方がハンパじゃありません。M―1準優勝で知名度を高めたことを機会に、オードリー一本で押していこうと攻勢をかけているのです」(マスコミ関係者)

 話題づくりやバックアップも念が入っている。

 テレビだけでなく、週刊誌でも春日の貧乏話や若林の“父親との確執と雪解け”といった話題が毎週のように報じられ、写真誌に春日の熱愛をキャッチされた時は、すぐに記者会見を開いてマスコミに大きく取り上げられた。

「常に何らかの話題を提供して、露出度を増やしている」ともっぱらだ。

「制作費を減らしているテレビ局の事情ともマッチしています。オードリーは昨年12月末時点でのギャラが1時間10万円と割安なんです」(テレビ関係者)

 オードリーの出番はまだまだ続きそうだ。

里田まいが蚊帳の外!?生き残り戦争で木下とスザンヌがタッグ

昨年、紅白出場まで果たしたPaboのメンバー木下優樹菜、里田まい、
スザンヌの3人。

木下はファッション雑誌PINKYの専属モデルに、スザンヌはバラエティ
やグラビアで活躍、里田はアップフロントの稼ぎ頭になる成長ぶりを
みせていた。
だが、羞恥心の解散もあり、今後はPaboも個人の活動が
メインになってくる。
そんな中、何やらPaboの間で女同士の仁義なき戦いが生じているとか。


(以下引用)
人気をキープするため、キャラ変更のためにあの手この手を
使っているという。

「木下優樹菜とスザンヌが、セットで露出することが多いんです。
女性に人気があるのは、元ヤンキーでぶっちゃけキャラの2人です
から。
特にスザンヌは、ホステスの過去をカミングアウトしましたしね。
2人は、親友としてファッション雑誌に度々、登場しています。
おそろいの私物を紹介したり、“仲良しチュー”と称し、誌面で
キスまで公開するほど」(ファッション誌関係者)

ここで、蚊帳の外なのが里田まい。
「2月に放送されたヘキサゴンでも、里田さんだけ出演していませ
んでした。

今、紳助さんは南明奈やmisonoのプロデュースに夢中のようです
しね!」(同前)
木下とスザンヌは、ギャル雑誌に登場することも多く、若い女子に
絶大な人気を誇っている。
どうやら、2人セットでギャル受け路線で突っ走るつもりのようだ。
「木下さんとスザンヌさんの掲載されたファッション誌を見て、
『えっ、なんで?』と里田さんは落ち込んでるみたいですね。
今まで3人で活動してたんだから、無理もないですよね。」(同前)
(引用 BUBKA)

女性に人気のある、木下とスザンヌのセット売りは、“あり”と
いえそうだ。
里田は計算高そうに見えるため、女性ウケするタイプではない。

だが、まぁ里田はこんなことぐらいで落ち込んだりしなさそう
だが・・・。むしろそれをバネに頑張るタイプに見える。
羞恥心の解散もあって、今後はおバカブームも終了の雰囲気に
なりそうだし、それぞれ路線変更に必死のようだ。

小向美奈子は1本3000万円 AV界争奪戦

覚醒剤で逮捕された小向美奈子(23)が先週、保証金150万円を払って保釈された。このニュースに色めきたったのがAV界だ。小向は156センチ、B86・W58・H83。昨年9月に所属事務所をクビになったあと、AVメーカー各社が狙っていた。

「いまものどから手が出るほど欲しい逸材です」とはAVプロデューサー。

「若者の間での知名度は高いし、まれにみるトラグラ体形で、“早くヌードを見たい”というファンは多い。デビュー作のギャラはカラミなしのソフト路線でも最低1000万円、カラミありなら3000万円はいくでしょう。業界では“昨年から小向と接触していたメーカーが保釈中に撮影し、判決後に発売するのでは”という見方も出ています」

 とはいえ、アイドルのイメージにケチがついた以上、AV嬢に転身しても順風満帆とはいかないようだ。

「意外でしょうが、AVマニアは“犯罪者”に敏感。小向はダーティーなイメージがついているから、デビュー作は物珍しさで10万本を狙えるけど、2本目は未知数。そもそもAV界は警察に弱いから、犯罪者を堂々と売り出すことに二の足を踏んでしまう。確実に売れるのは最初の3本ぐらいじゃないですか」(AV監督)

 デビューしても息の短い女優になりそうだ。





宮沢りえ妊娠で亀梨和也と釈由美子が悶々の日々

バレンタインデー直前に発覚した宮沢りえ(35)の妊娠&結婚。
これまで紆余曲折を経てきた人気女優の電撃結婚ニュースに、
ある芸能人たちにまで思わぬ波紋が広がっている。

なんと、連日マスコミがりえの自宅を張り込んでいたら、
そのマンションは人気アイドル「KAT-TUN」の亀梨和也(23)と、
女優の釈由美子(30)が住んでいたのだとか。


「妊娠六ヶ月の報を受けて、りえの“ふっくらお腹”の近影と
お相手の素顔を撮りたい芸能マスコミが、連日彼女のマンション
近くで張り込み取材をしていたんです。」

そしたら、他の芸能人も住んでいることがわかったという。
りえと同じマンションに住んでいるのがバレたのが、亀梨和也
と釈由美子。

繁華街に程近い都内の閑静な住宅街に建つこの高級マンション、
家賃は安い部屋でも30万円以上、高い部屋だと100万円近く、
その分セキュリティーもバッチリで、いかにも芸能人向きの物件だ。

「釈の方が以前から住んでいました。亀梨は、交際を報じられた
小泉今日子(43)の自宅の近くということで、2〜3年前にここに
引越して来たようです。」(テレビ局関係者)
住んでいるマンションが張り込まれるのは、亀梨や釈にとって、
降って沸いた“大迷惑”だったに違いない。

「釈は、テイクアンドギヴ・ニーズの野尻社長と別れて以来、
特定の男との噂がない。もしかしたら誰かと一緒に出入りするのでは、
なんてウォッチ対象になりました。結果、しばらく見かけなく
なってしまったので、どこかホテルにでも籠ってしまったのかと
現場で言っていたんです。」(前出・カメラマン)
「亀梨は今のドラマの撮影に入っているので、大抵事務所のワゴン
車で送り迎えされている。

でも戻ってこなかったりすると『もしかしてキョンキョンの家じゃ
ないか!?』なんて、小泉の家まで巡回されたり(笑)
そりゃイヤだと思いますよ。仕事のあとどこかに出掛けたくっても、
張り込みに見つかったらどこまでもついて来られちゃいますからね。
ジャニーズアイドルとして撮られちゃならない立場がありますから、
家の中で悶々としてたんじゃないですか。」


(引用 週刊文春)

宮沢りえと亀梨と釈が同じマンションに住んでいたとは。
セキュリティのしっかりした高級マンションには、「芸能人
お断り」という所も結構あり、芸能人が住める家は限られている
と聞いたことがある。そのため、かぶりがちなのだとか。
肝心の宮沢りえの旦那だが、ハワイ在住で今月中にも帰国するという。
亀梨と釈はしばらくはオチオチ出かけられない日が続きそうだ。




■驚異の即ナンパ術■わずか“3分で”モデル級の美女をゲットできる前代未聞の新手法!■ブサイク、貧乏、童貞男が1年で98人の女性を立て続けにゲットした“驚愕の方法”とは?

タモリ「笑っていいとも!」降板 ついに始まった超大物切り

週刊新潮編集部から、「笑っていいとも!」からタモリ降板のコメントを求められたとき、ついにテレビ局の大物リストラが始まったと実感した。

番組制作費用削減が進んでいる現在、あのタモリさえも切られるのである。キー局の幹部はテレビ界の裏事情を解説する。

 「タモリのギャラは200万から300万円と聞いています。スポンサー値段の安い昼の時間帯では、普通これだけギャラは払えません。

しかし10%以上の高視聴率があったので支払うことができたのです。しかし制作費削減が進んでいる現在、払えきれない」と話し、さらに「これだけの大物が降板する場合、番組を終了させて新番組を立ち上げるのですが、番組は続行する。これは明らかに経費削減のタレント切りです」と断言する。

 タモリといえば「笑っていいとも!」で30年近く君臨してきた。そのタモリと共に番組が殉死しない一つの理由は、タモリ不必要の声が以前からあったこと。番組には中居正広をはじめ香取慎吾、草薙剛などのSMAPのメンバー、笑福亭鶴瓶、爆笑問題などの人気笑いタレントも多数出演している。

この顔ぶれを見る限りタモリの必要性は希薄になっていた。今年8月に64歳を迎えるだけに、トークの切れ味もかなり落ちていた。かつてタモリは「テレビ界のサラリーマン」と報じられたことがあるが、だとすれば「定年」を迎えたのだろう。

 考えてみれば、テレビ局の大物切りはすでに始まっている。同じ時間帯の日本テレビ「おもいッきりイイTV」のみのもんたも3月には番組を降板する。「これはマンネリ化による視聴率の低下とみのさんのギャラが高すぎるからです」と日テレ関係者。

さらに同じ時間帯の福澤朗の「ピンポン!」も終了するが、「低視聴率と福澤のギャラが高すぎるための福澤切りです」とTBS関係者は断言する。

 テレビ局の大物切りについては、再三に渡って触れてきたが、テレビ界の大物リストラの始まりと言ってよい。

すでに徳光和夫が番組を外れ、福留功はメーン番組がなくなりバラエティー番組の「サンデー・ジャポン」のひな壇コメンテーターに登場している有様だ。今までだったら考えられないことだが、それだけ仕事がなくなっているのだろう。

 こうなると、深刻なのが芸能プロダクションだ。芸能プロの経営はテレビ局のギャラで成り立っている以上、不況の影響をまともに受ける。テレビ不況はますます深刻化して、大物出演者の大幅入れ替えはますます加速する。




自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET! 愛車を少しでも高く売却したい方はこちらへ FXビギナーズシステム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。