女を性奴隷に育てる上げる裏SEXプログラム

林家三平、銀座ホステスとの間に隠し子がいた!?

昭和の爆笑王の異名をとった落語家で昭和55年に亡くなった初代林家三平に隠し子がいたと「週刊文春」が報じているのだ。業界では公然の秘密と言われていた三平の隠し子の情報が一体どこから漏れたのか?

同誌によると「三平が生前に銀座のクラブ『ボニー』のNO.1ホステスだった“悦ちゃん”と恋におち、東京・根岸の自宅から徒歩15分のアパートの六畳間を借りて囲っていたという。さらに親友だった落語家、三笑亭笑三(82)の証言として、彼女は5年近くも笑三を介して月5万円を渡され、最後に三平の子供を身ごもった」(サンケイスポーツ)という。

さらに決定的な証言として笑三はサンケイスポーツの取材に「40年か50年くらい前の話。2人ともまだ二つ目くらいでしたね。三平に子供が2人いたときです。急にウケてお金ができたので、よく店に飲みに行っていました。

彼女から『三平師匠の子供ができた』と聞かされましてね。それであの家はもめたんですよ」と認めたという。

以前から実話系の雑誌では「正蔵(旧・こぶ平)は三平が銀座のママに生ませた隠し子」という都市伝説めいた噂はあった。また、三平の妻である海老名香葉子が正蔵よりいっ平を可愛がっていたことと、三平を正蔵ではなく、いっ平に継がせたこともそれが理由ではないかと言われていた。

今回の証言でも「隠し子が生まれた時に子供が2人いたこと」、「40〜50年前の話」ということからその隠し子は40〜50才で、しかも泰葉より年下でいっ平より年上ということになる。正蔵とは別人の隠し子がどこかにいるのなら話は別だが、このままでは「正蔵=隠し子」という図式が成り立ってしまう。

でもこのことは海老名家最大のタブーで業界では公然の秘密になっていたはずだ。長嶋家のタブーと同様、大手のマスコミがあえて取り上げないことで噂のレベルにしておくことができた。でも週刊文春が記事にした以上、この騒動は大きくなる。そうなるとテレビや新聞・雑誌が無視できないネタになる可能性もある。

次から次へと騒動が絶えない海老名家だが、今回のことは泰葉の離婚なんて吹っ飛んでしまうほどのインパクトがある。テレビや新聞はある程度遠慮してきっとスルーするだろうが、週刊誌は文春が取り上げた以上、報道合戦になるだろう。特に新潮とか現代とか。この手の微妙な問題はそっとしておけばいいのに、この三笑亭笑三という奴はなんで今頃になって暴露するのか。

胸に秘してお墓まで持っていってほしかったと残念でならない。

AV転身アイドルKは希志あいのだった! 公式ブログで発表

現役アイドルKが1億円で年明けにAV女優へ転身すると11/2に「ゲンダイ」が報じてから、アイドルKとは誰か!?と話題になっていた。

「ゲンダイ」の記事には加護亜依や川村ひかる、華原朋美、くまきりあさ美、嘉門洋子の顔写真を掲載されていたため川村ひかるでは!?と騒動になり川村本人がブログで「AVに出るなんてあり得ない」と完全否定のコメントを掲載するなど波紋をよんでいた。

 そんな中急浮上していたのが写真集売り上げ1グラビアアイドル希志あいの(19) だが、希志は11/18付けのブログでAV転向説を完全否定していたが、一転! 12/12の公式ブログでAV転身をファンに報告した。

完全否定しておきながらのAV転身発表は疑問が残ります。事務所の意向など大人の事情があるのでしょうが、結果ファンを振り回してしまったのには変わりない。

 また一般層にはあまり知名度がない希志あいの。

まずはグラビアアイドルとして売り出し、騒動になるように「ゲンダイ」に話をリークしておき、もともとAVにでることは約束済みだったのかもしれませんね。



今がチャンス

元ホスト直伝!女性をトリコにする超秘術 PDF146P

通常19,800円相当を無料プレゼント中

出会い系サイト攻略マニュアル!

高岡早紀が電撃引退か! スキャンダルに事務所が愛想を尽かした?

高岡早紀が事実上の引退状態に追い込まれている事がわかった。
度重なるスキャンダルで「フェロモン女優」と呼ばれる高岡早紀だが、所属していた事務所「フロム・ファースト」を解雇され、移籍先も決まらない状態が続いていると言う。


「週刊現代」が報じた、高岡早紀引退危機の全容について


これまで数々のスキャンダルを報じられてきた高岡早紀。保阪尚輝との結婚中に布袋寅泰とのダブル不倫キス写真が週刊誌に掲載された他、保阪尚紀との離婚後も中村獅童、市川海老蔵らとの親密デートが繰り返し報じられてきた。

つい先日も男性と共にタクシーを降りた直後の「木陰で濃厚5分間キス」を女性誌に撮られている。

アイドル時代に「フルーチェ」のCMで見事な巨乳を初披露。踊りに合わせて揺れ動くバストに視線はクギ付けになった。
その後、1995年には映画「忠臣蔵四谷怪談」でそのバストを惜しげもなくさらけ出しての初ヌード披露。

1996年には「one、two、three」を、1999年には「Accidents Series 11」、さらに2006年にも「TIME DIFFERENCE」とヘアヌード写真集を発売。年を取っても衰えないバストで男性を魅了し続けてきた。

しかし「週刊現代」が高岡早紀に取材を申し込もうと所属事務所の「フロムファースト」に連絡を入れた所「高岡は事務所を辞めました」と意外な返事だった。

どうやら男遊びの激しさに手を焼いた事務所側からの再三の注意にも耳を貸さず、ついに解雇を通告されたと言うのだ。

その裏には、高岡早紀の育ての親である前社長・小口健二さんの死が関係しているようだ。何があっても高岡早紀をかばい続けてくれた小口氏の死により高岡早紀は事務所で孤立。それでも止まないスキャンダルについに解雇となってしまったようだ。

フルーチェのCMでブレイクした当初、楽屋で胸の話題になったとき、大先輩に「わたしはおっぱいだけの女優じゃない!」とタンカをきった事もあるそうです。

女優としての本人のプライドもさることながら、高岡早紀の演技力は高く評価されていただけにスキャンダル続きでの転落ぶりは残念ですね。

高岡早紀には子供が二人いますよね。親権も高岡早紀が持ち、子供たちとも一緒に住んでます。今後の子育てが心配です。


----------------------------------------------------
************************





尾崎ナナ、しばらくTVとおさらばか?

テレ東「給与明細」は「占い学校に潜入」の後編。

出演していた尾崎ナナが前編と後編の間に所属事務所を解雇されたものの、収録した番組はそのまま放送されていた。

占いの先生へのインタビューで目立っていたのが「ボディ・プロファイ
リング」を担当する鎌崎先生。

話題は芸能人の話になり、例として出されたのが中川翔子のケース。

生まれた時刻が公開されており占いやすいらしい。鎌崎先生によると、
中川翔子は数年後にオタクっぽい男性と不倫する可能性があるとか。

また子宮系の病気に注意が必要で、水をよく飲んだ方がよいという。
(中川はブログで乳がんに怯えていたが、これのことか?)

さてボディ・プロファイリングというのは身体の特徴(筋肉質とか)で
8タイプ(金星、水星とか)に分類できて、複合タイプも含めれば全部で25種類もあるとか。

出演していた「やるせなす石井」は現在のような中途半端なタレント活動よりもプロデューサー的な仕事の方が向いているとバッサリ。

尾崎ナナにいたっては「元カレとすんなりエッチしてしまう」とか、
「肉体的接触を好む」など性癖までスラスラと断定されていた。

収録はおそらく1ヶ月ほど前だが、この時点では直後に尾崎ナナが解雇
されることまでは占えなかったようだ。

----------------------------------------------------


今がチャンス

元ホスト直伝!女性をトリコにする超秘術 PDF146P

通常19,800円相当を無料プレゼント中

出会い系サイト攻略マニュアル!

華原朋美の奇行 病院を脱走

6月に所属事務所を解雇されてしまった華原朋美。
所属事務所が解雇を決断した裏にある華原朋美の壮絶な奇行を「週刊女性」が報じている。

ドタキャン、クスリ、情緒不安定。
華原朋美の奇行の一部始終とは。


華原朋美の奇行はこれまで何度も報じられてきた。
道路で奇声を上げていた、病院を全裸で走り回っていた、酒を浴びるように飲んではクスリをおやつのようにかじっていた、など。
奇声を上げながら病院を全裸で走る姿は狂気そのもの。看護士らもあっけに取られ、止める事すらできなかったという。

「週刊女性」によると、事務所が解雇を決断したのは6月20日前後。またしてもドタキャンを繰り返した華原朋美と連絡を取ろうと必死になっていたが、その頃朋ちゃんは酒で酩酊状態になり、道路で倒れていたところを病院に運ばれていたという。

華原朋美の母親は解雇を契機に芸能界時代の知人らとの連絡を完全にシャットアウト。娘を栄光の舞台に立たせてくれたのは芸能界だが、娘を薬漬けにしたのも芸能界だと、業界から距離を置く事を強く望み、世話になった人とすら連絡を取る事をやめたという。



しかしそんな矢先に華原朋美が病院から脱走。数日間、連絡が取れない非常事態が起きてしまう。焦った母親は「恥を忍んで電話してます。娘を知りませんか?」と芸能関係者に片っ端から連絡。華原と交流のあった関係者らは一時騒然となった。

さらにほぼ同時期にこんな目撃情報も。
都内のマンションに住む男性が深夜に帰宅した際、エントランスホールでかがみ込む女性を発見。声を掛けると「鍵と携帯をなくしたので誰にも連絡が取れない」という。男性が鍵の修理屋に連絡し、到着まで1〜2時間かかることを告げると「部屋で待たせて欲しい」と懇願。仕方なく部屋に招き入れて世間話をしていると突然「わたし、華原朋美です」と目深にかぶっていた帽子を脱いだと言う。


母親の話からも華原朋美の薬物中毒は相当重傷のようですね。
病院を脱走した頃の朋ちゃんは芸能界復帰をとても焦っていたといいます。最近でも「年末には紅白がある」と芸能界への強い未練を覗かせているとか。

比較的状態が安定していたのは9月20日頃のようです。家族が好きな事をさせようとブログを始めさせたのがこの時期ですね。しかしブログはわずか9日で閉鎖。これには芸能関係者の圧力があったとも報じられました。


いずれにしても芸能活動は愚か、まだまだまともな社会生活すらできるレベルではなさそうです。例え芸能界に復帰できたとしても以前のようなポジションは難しいでしょう。


櫻井翔 実写版で「ヤッターマン1号」主人公ガンちゃん役へ

。「嵐」の櫻井翔が09年春公開の映画「ヤッターマン」(監督三池崇史)で主演することになった。言われてみるとこれ以上ないベストなキャスティングかもしれない。たしかに櫻井には主人公・ガンちゃんの雰囲気がある。櫻井は昨年公開の「ハチミツとクローバー」以来2度目の単独主演になる。

「77〜79年にフジテレビ系で放送された人気アニメの実写版。来年1月から日本テレビ系で新作アニメの放送も予定されている。櫻井は正義の味方ヤッターマン1号に変身する玩具店の青年、高田ガン役。三池監督は『正義のヒーローらしい風ぼうを全身からにおわせている。櫻井さんが演じるのは宿命だった』と説明。けん玉を使った武器『ケンダマジック』のアクションも見どころ」(スポニチ)。

さて気になる共演者だが、「12月中にヒロインのヤッターマン2号(アイちゃん)、来年1月中に悪役のドロンジョ、ボヤッキー、トンズラーなどのキャストが決まる予定(サンスポ)」とある。また。「配給元の日活・千葉善紀プロデューサーは『ヤッターマン2号のアイちゃん、セクシーな敵の女ボス・ドロンジョとの三角関係が描かれる可能性もある』と話している。

勝手に予測すると、アイちゃん役は事務所同士の関係から堀北真希あたりにどうせ決まってしまうだろう。これについてはあまり期待できないが、せめてドロンジョ役だけは期待したい。最近脱ぎっぷりのいい米倉涼子クラスの女優を持ってこないと興行的に成功しないだろうと思う。ここは是非とも頑張ってキャスティングしてほしいものだ。




潜在意識レベルで女性を洗脳し恋人にする禁じられた手法。女性の正しい操り方を教えます。CD6枚郵送版




■あの安田美沙子にも使用済み■有名芸能人らも絶句!!■人喰いザメ式殺し屋流爆裂トーク術!














出会い系サイト攻略マニュアル!彼女と付き合いたいならコレを!

新垣結衣が休養へ!働きすぎで限界!

主演映画「恋空」が大ヒットし、ただ今人気沸騰のガッキーこと
新垣結衣(19)が、なんと年明けから休養に入るという。

来月5日には歌手デビューも控えており、武道館ライブも決定!
公式ブログにはコメントが殺到するなど、まさに飛ぶ鳥を落とす
勢いのはずだが・・・。一体何が起こったのか。

「ガッキーが来年1月から1クール(3ヶ月)ほど休むそうです。
すでにテレビ各局には伝えているそうで、休養中は実家の沖縄で
のんびりと過ごすみたいですよ」と語るのはあるテレビ関係者。

人気絶頂の最中に休養とは驚きだ。原因は一体何なのか?

「どうも過労によるものだそうです。今年のガッキーは1年を
通して働きっぱなしで、まともな休みは5日間ぐらい。
今月2日には映画の完成会見30分前に、突然腹痛を訴えて
ダウンしましたよね。あれも疲労が原因のようです」(テレビ関係者)
芸能プロ関係者によると、
「本人とも相談して、来年1月からリフレッシュ休暇を取らせる
ことにしたそうです。本人も多忙なスケジュールに『疲れた!』
『キツイ・・・』などグチをこぼしていましたから。

1月期の連ドラのオファーも来ていたそうですが、彼女の体調を
優先し、すべて断ったそうです」
とはいえ、ガッキーに当分“会えない”のかというと、そうでも
なさそう。所属事務所はブログの開設期間について、

「あくまで歌手デビューの宣伝で、武道館ライブを一つの区切りと
考えている」としていたが、あまりの人気ぶりに「延長」も
考え始めているのだ。

確かにガッキーはこの1年働き詰めで、映画やドラマにでずっぱ
りだった。顔も疲れているようなときもたまに見られたので、
爆発してしまう前に、このタイミングでの休養は必須だったかもしれない。

1月から3ヶ月の休養ということは、4月からまた大きな仕事が
入っているのではないだろうか。

予想されるのは、時間が拘束されるような連ドラか映画だ。
ネット上では4月期に山下智久と連ドラ共演という噂があるが・・・。

あくまで噂なので、決定ではないが、3ヶ月間休養した後、
リフレッシュした元気なガッキーの姿を見れることを楽しみにしたい。





大食い王者・ジャイアント白田が大みそかにハッスルでプロレスデビュー

25日に開催されたハッスル年間最大のビッグイベント
「ハッスル・マニア2007」で衝撃の発表がされた。

途中の休憩明けに「スペシャルゲストの来場がアナウンスされる。故・
ジャイアント馬場さんのテーマ曲『王者の魂』が流れ、登場したのは
“大食いチャンピオン”ジャイアント白田。ジャイアント白田は、1
メートルほどの巨大なスプーンを肩に担いで入場」(スポーツナビ)。

そして12月31日に開催される「大みそかハッスル祭り」でなんとジャイアント白田がプロレスデビューすることが告げられたのだ。テレビの大食い番組からは引退したものの、大食いタレントとして次の活躍の場を探していた白田はプロレスを選んだようだ。


本当にプロレスをやるのか?

まあ、ハッスルだけに予定調和的なエンターテイメントっぽい試合をするのだろうと思う。ジャイアント白田は、プロレスデビューへ向けて「大みそか、ハッスルを食べます。ファンの皆様にお腹いっぱいになってもらえるような試合をしますので、お腹を空かして待っておいてください」と力強くコメントした。けっこう本気のようだ。


現在、白田は自分の飲食店を出すための準備で忙しい。事前の調整が必要なテレビの大食いは時間的に難しいために引退したものの、今後はお店のPRのために自ら身体を張ってアピールする必要がある。

今回はお互いに話題性が欲しい両者の思惑が一致したようだ。それにしても相変わらずハッスルはサプライズなキャスティングをする。年末に向けてまだまだ何かあるかも。







自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET! 愛車を少しでも高く売却したい方はこちらへ FXビギナーズシステム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。