女を性奴隷に育てる上げる裏SEXプログラム

なべやかんブログは“称賛の嵐” 亀田大毅とテレビに喝

タレント、なべやかんさん(37)が12日、王者・内藤大助選手(宮田)に亀田大毅選手(協栄)が挑戦した世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチを観戦していたことを自身のブログ「なべやかんだ!!」で明らかにした。

その中でなべさんは、大毅選手やテレビ局の姿勢を厳しく批判するなど、芸人とは思えない硬派な主張を展開、称賛のコメントが殺到している。


 なべさんは12日の日記で、大毅選手のボクシングスタイルと数々の反則行為について、独自の分析を交えながら猛批判。「負けたら切腹」と公言してきたことについては、「世界を目指し、チャンピオンになった人間、なれなかった人間がいるが、みんな命をかけてきた。世界を目指す、命をかけるって大変なことなのだ。(中略)切腹なんて言葉を軽軽しく使うな!」と断罪した。


 返す刀でなべさんは、芸人という立場にもかかわらず“テレビ批判”も展開。「選手入場の時、驚いた! 亀田選手のファンだらけだと思ったら、亀田選手の応援は全体の3割いるかいないか。後は内藤選手の応援だった。ボクシングファンはわかってるんだ、テレビに騙されてないんだって嬉しくなった」「テレビだと応援の差がわかりにくかったな。きっと亀田応援サイドにしかマイクが置かれてなかったんだろう。

会場に行ってよかった。本当の応援の差がわかったから」と、これまでも幾度となく“亀田寄り”と評されてきた番組制作サイドの姿勢を痛烈に批判した。


 この日記に対し、500件を超えるコメントが殺到。「真実を伝えるレポート、ありがとうございます」「著名な方がここまで書かれているのが正直驚きでした」「テレビ人がテレビに媚びない。放送されないまでも真実を伝える姿。芸人魂ですね」と、なべさんの毅然とした主張を称賛する声が多数寄せられている。


 さらになべさんは、きょう13日の日記で、今月25日に予定されていた亀田興毅選手のノンタイトル戦が中止となったことにも言及。これまでの興毅選手のマッチメークに関する“疑惑”について、「あるある大辞典みたいなバラエティーで嘘は許されなくて、なんでスポーツはOKなんだろう?意味がわからない」と一刀両断。

その一方で、「亀田家はどうなってしまうのだろう?(中略)一生懸命練習する兄弟なんだから、ちゃんとした指導者について頑張ってもらいたい。本当にそう思う」と若い才能に対する配慮も見せた。


TBSは亀田をいつまで特別扱いするつもりなのか?

いいかんげん、見切りをつける時期ではないか。


テレビだと応援の差がわかりにくかったな。きっと亀田応援サイドにしかマイクが置かれてなかったんだろう。会場に行ってよかった。本当の応援の差がわかったから。ということから、TBSは空気を読めてないし、亀田が勝つと本気で思っていたかもね。



試合翌日のTBSの「2時っチャオ!」では、明らかに局側に指示されたと思われる亀田擁護のトンデモ発言が炸裂してた。

MCの恵俊彰が中心になって、「残念でしたね〜」だの「でも12R倒されなかったのは立派ですよ」だの、明らかに他局や世論とは正反対の感想が乱れ飛び、誰ひとりとして、あの酷い反則や態度をたしなめる者はいなかった。

それどころか、朝青龍の問題の時にも、時津風部屋の問題の時にも、あれほど厳しい意見を言ってたデーモン小暮閣下までもが、「ちょっとまずかった点もあったみたいだけど、いやあ、亀田くんは良くやったと思うよ」なんてノタマッてたから、おれは、人間が悪魔に魂を売るんじゃなくて、悪魔がテレビ局に魂を売ったのか‥‥なんて思っちゃった。



島田紳助のマル秘撮影コレクションの真偽とは?

島田紳助には自分と関係した女を自分の番組に出演させているともっぱらの噂があるようだ。

過去に紳助と関係を噂されたタレントだけでも熊田曜子、ほしのあき、
安田美沙子、若槻千夏、井上和香、小倉優子、小池栄子、MEGUMI
島谷ひとみなどキリがない。


そんなお手つきタレントに活躍の場所を与えるためなのか、テレビ朝日
では毎回女性タレントが10人以上出演する新番組が始まる。実はこれには舞台裏があって、「紳助を使いたいテレビ朝日としては”狩り場”を提供することで貸しを作りたい。紳助としてはハメたアイドルに仕事を与えたい。両者の思惑が一致した」(実話ナックルズより)。


ところで気になるのがいわゆるハメ撮り写真の存在。紳助はデジタルカメラなどハイテクな機器には一見疎そうに見えるが、実は新しいテクノロジーには敏感らしい。


「いち早く高性能のデジカメを手に入れ、コレクションの充実に走りました。彼のハメ撮り専用デスクトップには40人近いグラビアアイドルのフォルダがあるといいます。これは一種の保険の役割を果たしています」。

最近、「ヘキサゴン」の里田まいなど3人娘と4Pしたというゴシップ記事が出たが、「あのニュースを見たとき、『何を今さら(笑)』ってみんな言ってましたよ。
それぐらい紳助さんの共演者への”教育”は当たり前ですから」。


紳助はハメ撮り写真の一部をプリントして酒の肴に若手芸人に見せているらしく、関係者によれば、そのコレクションの価値は数億円に達するという。

もしコレクションの存在が事実ならばたしかにどれだけお金払っても見てみたいけど・・・・。

うらやましいね。

オセロ:松嶋尚美が松竹芸能から独立し個人事務所設立へ  「オセロ」は解散せず

オセロ・松嶋尚美が9月末で所属の松竹芸能から独立し、個人事務所「ステッカー」を設立していたことが9日分かった。

「中島知子とのコンビ「オセロ」は解散せず、コンビでの仕事は引き続き松竹芸能で行うが、今後は“アーティスト・松嶋”としての活動に本腰を入れる」(デイリースポーツ)。


以前から松嶋はオセロ内のコンビ間格差に不満を持っていたとされる。

中島が女優路線、松嶋がお笑い路線を選んだことでギャラの差が生じたようだ。
中島はゴールデン帯のドラマなどに出演することで、CM単価も上がったが、松嶋は深夜帯などお笑い芸人としてのCM単価になるため、テレビ局の扱いも変わってくる。

独立に踏み切る決め手となったのは同じ大河ドラマに2人で出たときの
待遇の差だったという。また松竹からも扱いの差を感じたことも原因らしい。

松竹によると「本人が独立を希望したのは今春から」で、歌手活動やデザインなど今までよりアーティスト的な活動ができるよう新しい環境に進むという。

決して相方・中島知子との仲が悪いわけではないと思う。
それだけに会社に対する不満は相当だったのでは?

でも、コンビで所属する会社が違うケースって近年あまり記憶がない。

コンビでの仕事は減る方向になるだろう。

フジテレビ「パン枠」中断は中野アナが原因? 生野アナお披露目で“新事実”

新人女性アナウンサーを司会に抜てきして話題を呼んだ、フジテレビの人気深夜番組が6年ぶりに復活。00年秋に千野志麻アナウンサー(30)を起用した「チノパン」、翌年に高島彩アナウンサー(28)を起用し、その後、高島アナの愛称にもなった「アヤパン」に続く「ショーパン」(10月16日スタート、毎週月曜〜木曜午前0時35分〜0時45分)の制作発表が10日、フジテレビ湾岸スタジオ(東京都江東区)で開かれ、司会の入社1年目、生野陽子(しょうの・ようこ)アナウンサー(23)が会見。

“パン枠”が中断していたのは、中野美奈子アナウンサーが報道志望で、番組担当を断ったことが原因だったことが明らかになった。


生野さんは「本当に光栄です。右も左もわからないですが、一生懸命頑張ります。笑顔があふれる番組にしたい」と初々しく抱負を語った。

「目指すアナウンサー像は?」の質問に生野さんは、番組の先輩で会見の司会を務めていた高島アナの名前を挙げると、高島アナは「言わせてないですよ」と慌てて口をはさみ、会場の笑いを誘った。

 高島アナは「『アヤパン』が終わって6年経ちますが、あの日のことは昨日のことのように覚えています。

本当は『チノパン』『アヤパン』と“パン枠”をずっと続けたかったんですけど、中野美奈子アナウンサーが『報道志望です』と断って途絶えてしまったんですよね」と衝撃の事実を告白。

高島アナは、生野さんに向けて「復活ということで本当にうれしく思っています。私にとって『アヤパン』は人生を変えた番組。

生野ちゃんは小動物のようでけっこうしっかりしていて、たぶん負けず嫌いだと思うので、そういう精神があればこの番組を乗り切れると思います」とエールを送った。

 生野さんは「チノパン」「アヤパン」が放映していたころは福岡に住んでいて、番組がネットされていなかったため見られなかったそうで「福岡にいる両親に(新番組のことを)最初に報告しましたが、ピンと来てなかった。説明したら喜んでくれました」とか。

番組では日替わりでゲストを呼び、生野さんとトークをする。

第1回のゲストは高島アナ。「今後どんな人に会いたいか?」という質問に、生野さんは「おすぎさん。福岡時代にお世話になったので出てくれるとうれしいなと思います」と早速おねだりしていた。

初回は16日午前0時50分から。東京、仙台、静岡、岩手のネット局で放送する。

大ブレーク中の芸人・柳原可奈子が吉本興業から共演NGに!

「笑っていいとも」の新レギュラーも決まり、今や女芸人界では向かう
ところ敵なし状態の柳原可奈子。大ブレーク中にもかかわらずタレント
生命の危機にあるという。

お笑い番組を多く手がける放送作家によると、「要は、芸人としてあまりに才能があるゆえの悲劇というやつです。芸歴たった3年で今のポジションをつかみ、しかもトヨタやサントリーのCMをゲットするなど運もある。

当然、ほかの事務所や女芸人から警戒されることになる」(東スポ)。

以前、「アメトーーク」の女芸人の回でも、過去に彼氏がいてHしたことがあるということで、他の女芸人たちから敵視されていたなぁ。

柳原は大田プロ所属で、吉本興業は自分のところの女芸人が柳原に食われてしまうことを非常に警戒して、「”柳原との共演は基本NG”という内部通達が現場マネージャーに出された」とか。

しかし柳原はそんな逆風にビクともしない。「柳原は、芸人にはなんの
執着もない。実は彼女の夢は女優。事務所の大先輩・片岡鶴太郎と共演
する日を指折り数えている」という。

今の勢いならすぐにでも実現しそうな感じがするが、特徴のあるキャラクターだけに女優としてドラマとかに出演させるとけっこう面白いかもしれない。

100キロ間近!? タカアンドトシのタカの体重増加が止まらない理由とは?

タカアンドトシのタカがどんどん太っているように見えたのは錯覚ではなかったようだ。

現在、人気絶頂でレギュラーもテレビ・ラジオで計16本を抱え、まさに向かうところ敵なしのタカアンドトシ。
だがタカが落ち込んでいるという。

「体重がどんどん増加して止まらないんです。この3年間で30キロも
太ってしまった。バストも92センチあるようで、先輩芸人からよく胸をもまれていますよ。このままでは100キロを超えるとビビっていました」(東スポ)。

北海道から上京したときは60キロしかなかった体重が現在は91キロ。

どうしてこんなに太ったのか?
「実はタカの体重が増加すればするほど人気が上がってきたんです。やせたらレギュラーを失ってしまうかもしれない恐怖があるみたい。
タカにとって『やせろ』=『消えろ』。こうなったらどこまで太れるか試すそうです」。


タカは見たとおり、けっこう気が小さくて周囲から見たらくだらないような理由でクヨクヨしていそうなイメージがある。仕事を失うかもしれないという不安は考え始めたらキリがないと思うが、健康のためにも適度なダイエットが必要だ。



花田勝氏が離婚「さんまさんのように」だが 真相は

元横綱若乃花の花田勝氏(36)と美恵子夫人(38)が離婚したことが3日、分かった。2人連名の文書で、2日に離婚届を提出したことを発表した。また、美恵子さんは週刊誌「女性セブン」(10月18日号)に結婚から離婚に至る経過を語っている。同誌によると、結婚後も花田氏は家庭に縛られることを嫌い、「(明石家)さんまさんのように生きたい」と話していたという。4人の子どもの親権は美恵子さんが持つ。

 2人の出会いから13年に及ぶ結婚生活、5年の別居生活と花田氏の浮気…。結婚以来、プライベートに関して沈黙を守ってきた美恵子さんが初めて口を開いたのは、仮面夫婦に終止符を打つ決意をしたことがきっかけだった。

 「女性セブン」によると、花田氏には結婚後も女性問題がついて回り、美恵子さんの中に花田氏への不信が消えることはなかった。結婚から4年後の98年。20歳の女子大生との不倫をはじめ、たびたび女性問題が報じられた。浮気をめぐってのけんかは絶えることがなく、5年前からは別居生活に。12歳を頭に4人の子どもたちの学校行事では仮面夫婦を演じたが、1度壊れた夫婦のきずなが元通りになることはなかった。花田氏は家庭に縛られることを嫌い、自由でいたいとして「(明石家)さんまさんのように生きたい」と、話していたという。子どもの親権は美恵子さんが持ち、養育費の支払いと都内にある家の名義を美恵子さんにすることを花田氏が提案した。

 連名の書面には「2人で時間をかけて話し合い、このような結果となりました。出会えたこと、4人の子供を授かったことなど13年間の結婚生活に感謝しています」と記されている。2人は夫婦生活を“感謝”と振り返っているが、残された子どもたちにとって、両親のそろった家庭のぬくもりはほとんどなかった。

若乃花と美恵子夫人はこれまでも何度も不仲説が伝えられてきた。
その主な理由は花田勝氏の女関係。
一見まじめそうな若乃花だが、度々浮気現場を報じられ、その度に離婚説が流れていた。

今年の3月にも「週刊現代」に20代前半の女性とホテルに消える姿を激写されている若乃花だが、その際の美恵子夫人のコメントは
「浮気ですか?私にそんなこと言われても…。まあ、その日は一緒にいなかったことは確かです」とまるで他人事のような対応。
度重なる浮気にもはや完全に愛想を尽かしているという印象だ。



一方の若乃花の方も美恵子夫人に対して不満を抱えていたと言う。
相撲部屋の親方にならなかった大きな理由のひとつは「美恵子夫人におかみさんはできない」からだ。若乃花に近い関係者の話だと、美恵子夫人のために親方を諦めたという思いが態度や言葉に出てしまったことも夫婦仲を悪化させた要因のひとつと証言する。


いずれにしても4人の子供に罪はない。
どんな親でも親は親。
子供は親を選べない。
離婚したからといって若乃花が父親であることは一生変わらないのだから、子供たちにとって最善の償いをして欲しいと思う。



 花田氏は4年前、05年に亡くなった元大関貴ノ花の父満氏(享年55)に再婚話が浮上した際、「父は絶好調というより絶倫です」とコメントしたことがあった。最近は実業家として多忙を極める花田氏だが、その女性関係もまた多忙で家庭崩壊に結び付いてしまったようだ。この日、美恵子さん宅には多数の報道陣が訪れたが、関係者が「本人は何も話すことはありません」と繰り返すのみだった。



裏情報では、勝・美恵子はW不倫であり、両者の相手も特定。「女性セブン」スクープの内幕。そして、勝が借金苦から横綱時代の化粧回しを暴力団組長に売っていたこともまで暴きました。

 そして、驚愕の真実は勝の背中にある刺青についてです。
「一部写真誌がハワイでビーチで寝そべる勝の背中の撮影に成功しています。が、遠くで見えない。同誌も危ない話なのでそれ以上のことはやらなかったし他誌も後追いはやめた。実は、これ龍の刺青だというです。暴力団幹部とワンセット。そうそう。浜崎あゆみと長瀬智也がペアでタトゥーを入れていたでしょ。ヤクザにもそんな感じの風習があるそうです。兄弟分の契りみたいなものかもしれません。この刺青は、勝が組長にゴマをするために自分の方から進んで入れたのだから。K−1参戦がつぶれたのもこうした黒い交際が原因。これも離婚の大きな原因のひとつですよ」(某誌記者)


えなりかずき、フルート奏者yumiと半同棲→結婚へ

俳優えなりかずき(22)と交際中のフルート奏者yumi(23)が、えなりの付き人になっていたことが1日、分かった。

所属事務所社長でもあるえなりの父親が明かしたもの。

yumiは今夏からマネジャーを務めるえなりの母親と一緒に身の回りの世話などをして、恋人を献身的に支えている。

yumiはえなりの衣装選びや身の回りの世話などをしており、
今夏ごろからは母親について仕事現場まで同行するようになった。

母親が仕事の関係者を紹介するなど両親公認の付き人で、
本名で名刺も作製しているという。

えなりの父親は「2人の交際も順調ですし、衣装選びなどが
好きだと聞いていたので(付き人を)お願いしました。
yumiさんも快諾してくれました」と説明。

正式に社員として雇ったわけではなく「yumiさんの仕事が
ないときに手伝ってもらっています」(えなりの父親)という。

えなりは現在、成城大学文芸学部の4年生。卒業論文が佳境に
入っており、仕事との両立で多忙を極める日々。

母親はえなりの弟で俳優の江成正元(18)のマネジャーも務めており、yumiは多忙な母子の負担を軽減しようと奔走しているようだ。yumiは今年に入ってレコード会社「ソニーミュージック」との契約も終了している。

2人は結婚に向けて秒読み段階に入っているとも言われており、
きょう2日発売の週刊誌 「フラッシュ」は左薬指に指輪をはめている2ショット写真を掲載。
同誌は今夏から半同棲生活が始まったとも伝えている。

えなりの父親は「すぐに結婚ということはありません」とする一方、「かずきは(結婚を)したいと思っているとは思います。

親としてもしてくれればバン、バンザイです。温かく2人を見守ってください」と話した。
自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET! 愛車を少しでも高く売却したい方はこちらへ FXビギナーズシステム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。