女を性奴隷に育てる上げる裏SEXプログラム

羽賀研二、財界人らにタレント卵を売春斡旋疑惑も浮上!

恐喝の疑いで逮捕されたタレントの羽賀研二(45)が、大物財界人らにAV嬢やタレントの卵を紹介していたことが発覚した。

売春斡旋疑惑も浮上したと「大阪スポーツ」が報じている。同紙は、そのパーティーに参加したというB子さん(25)の話。

B子さんは05年、知り合いの女性C子さん(25)から都内にある焼肉店に誘われた一人だった。その焼肉店は有名芸能人が常連客としても知られる。

「女性は6人。タレントの卵やAV嬢がいましたね。店内に入ると羽賀さんがいました。どうやらC子が羽賀さんと知り合いで女性を紹介してほしいと頼まれたようです。男性の中には財界で有名なA氏もいました」

B子さんは当初、A氏の素性を知らなかったという。
「後日、そのA氏から私に連絡があり、その方の部屋で関係を結びました。A氏からは40万円ほどもらいました」
羽賀容疑者はどうやらA氏とタレントを結ぶ“接着剤”の役割を果たしていたようだ。

「羽賀さんは『今度は若い男を紹介するから』と謝っていました。ということはほかにもいろいろ頼まれているのかもしれません。いくらかお礼をもらっていると思いますよ」
女性を紹介し、金銭を受け取っていたとすれば売春斡旋疑惑ということになる。

B子さんは警察に事情聴取されている。そして本誌はB子さんの供述調書のコピーの中に「羽賀研二」の名前と詳細な会話の内容が記載されているのを確認した。
(引用「大阪スポーツ」より)

逮捕されると、追い討ちをかけるようにこういった話題が出ますが、彼の信用度からすると本当のような気もしてしまいます・・・。

表向きはジュエリーで成功し、結婚もして順風満帆に見えましたが、裏ではまだ、いろいろトラブルがあったようですね。

逮捕のニュースには驚きました。4億円はジュエリーをする前に借りたお金のようですが・・・。

羽賀は成功して、芸能人長者番付29位に入ったことが話題にもなっていたほどでした。

今の彼の収入ならば、分割して地道に返していくという方法もあったはず。

それを誠意を見せず、踏み倒すような形をとったのは彼の軽率な性格が出ているような気が・・・。




21億4000万円のシステムプログラム「3systemtrade-225」









“インド株で大儲け!インド株投資で資産10倍” オフショア投資・インド株投資の第一人者高橋守【プロのインド株投資の極意!】




芸能レポーターの暴露話


今週は厳しい話題を最初に・・・羽賀研二容疑者になって
しまい ましたが…

K 逮捕されましたね〜
Y 新婚なのに。
S 昔から異常に金銭に固執する面はありましたよね。
Y 苦労してきたからね、お子さんの時とかね。
S そうなんだけど、なんかすごくこう安易な話に乗りやすい
というか…
(羽賀さんは)自分がいい車乗りたいから、外車ディーラーに入っていって車を売る(仕事をする)んですけど、自分は外車のすごくいいスポーツカーを借りて乗るんですよ。
そして、口説いた女の人に売りつけたりするんですよ。
Y 借りてる車を?
S いえ、借りてる車じゃなくて、新車を買えって
言うんですよ。
車の仕事してるから、大丈夫だからって言って、(女の人は)すごい巨大なローンをしょっちゃったりなんかして…
K 女性関係も無茶苦茶なんですよね、いろんな噂ありますけど。
Y 昔、A子さんからA,B,C,D,E,F,G,H,I子さんまでいたことがありましたよね。
K ははは、すごい!
S そんなにいたんでしたっけ?
Y はい、アンナさん以外に。あと、なんでしたっけ、桜庭あつこさんとかの時代にI子さんまでいて…
S 昔、山田まりやさんが「羽賀研二さんに口説かれたことがある」って言ってたんですけど。
Y でも、山田まりやちゃんの好みは羽賀研二さんと大澄賢也さんと池谷幸雄さんだって言っていて、私それ聞いたとき、まりやちゃん幸せになれないと思ったんですね。
でもその3人の共通項はやっぱり女性には優しいんですよ、どんな女性にも。
S 警察は、3月ぐらいから立件できるとみて、固める作業に入ってたんですよ。そうするとかなりいけるわけなんですよ。たぶん、芸能界に戻れないでしょうね。

梅宮アンナさん、結婚しなくてほんっっとによかったですね。
それにしても、山田まりやさんの好みってやばくない!

ビーチバレー浅尾美和が今夏限りで引退か?

最近、何かと身辺が騒がしいビーチバレーの浅尾美和。その浅尾に引退話が持ち上がっているという。

「現時点では北京五輪出場は不可能に近い。出場できないと決まってからよりも、今、引退した方がいいと本人、関係者が判断した」(東スポ)という。

だが引退の理由はそれだけではない。浅尾が引退を決意したもう一つの
理由は相次ぐ盗撮騒動。

「口にこそ出さないけれど、着替えやトイレを盗撮されたDVDに激しい憎悪の念を抱いていた。プレー中の下半身ショットにも・・・」。引退後はタレント活動に専念すると見られている。

こうした引退後のプランを考えているのは所属事務所社長である川合俊一かと思いきや、実は浅尾の彼氏とされている人物だとか。「やり手のテレビマンですよ。面倒見の良さから『親方』と呼ばれています。浅尾が試合中に発する『よっしゃー』はもともと『親方』の口癖という」。

そういえば、浅尾は今まで熱愛報道があまりにないので巷では「処女説」なんてのも出ていたが、引退報道と同時に熱愛発表もあるかもしれない。



















解雇の朋ちゃん、社長に留守電「クビにしないでください」

音信不通状態で所属事務所から解雇通告を受けた華原朋美の所在がつかめたという。事務所関係者によると、29日深夜にスタッフが都内の華原の自宅マンションを訪れた際、本人が出てきたとか。

「これまで華原と連絡が取れずにいた事務所は、契約解除を通告する内容証明郵便を自宅に送付していたが、この時、直接スタッフが華原に契約解除の書類を手渡してきたという。華原の精神状態が不安定だったこともあり、スタッフは話し合いをすることなく、そのまま自宅をあとにした。

その数時間後、事務所社長の留守番電話に、華原からの『ごめんなさい。
ご迷惑をかけました。クビにしないでください』というコメントが吹き
込まれていたという」(スポニチ)。

まあ、生きていたのが確認できたからとりあえず安心だが、残念ながら
華原の精神状態は相変わらず小室にフラれたショックを引きずっているという。

「休業中の今年の始め。華原が何回も見たテレビがある。それは細木数子の特別番組で、小室の伴奏で妻のKEIKOが『I'm proud』を歌っていたもの。デビュー翌年に小室が華原のために作った名曲中の名曲である。『私ね、少なくとも10回以上は見た。何回でも見ちゃう・・・何回でも見ちゃうの』(スポニチ)。

さらに意外な人物の名前も浮上している。それはマギー審司。

和田アキ子は30日に自分のラジオ番組で約1カ月前に華原から電話があったことを明かしている。

「『話を聞いてください』との録音メッセージが残され、和田が掛け直した時は、つながらなかったという。その後、再び留守電にメッセージが残され、『寂しいです。マギー審司にも裏切られ・・・私は誰を信じていいか分からない』との内容だった。華原とマギー審司の間に何があったかは不明で、和田は「何だか訳の分からない内容だった」と話した」。

和田は不用意に実名を出すべきではなかったのでは。華原とマギー審司の関係は不明だが、この段階で名前を出されたマギー審司が少し気の毒だ。

ちなみにマギーは新婚のはずだが、ひょっとして華原をフって結婚した
という意味だろうか。?






華原朋美、事務所と契約解除 心身ともに健康回復せず 薬物依存の異常姿

華原朋美がテレビからとうとう消えてしまった。芸能事務所プロダクション尾木は29日、所属する歌手の華原朋美(32)との専属契約を28日に解除したと発表した。

「同事務所は『心身ともに健康の回復状況が思わしくなく、これ以上、芸能活動を支えることが不可能と判断した』と説明している。事務所によると、華原さんは昨年末に急性気管支炎などで舞台を休演。休業を経て5月に復帰したが、仕事のキャンセルが続いたという(サンス)」。

ただし、スポーツ報知は少し書き方が異なっている。「25日を最後に電話やメールでの連絡も取れない状態になっているという。薬物への依存などから心身ともに不安定になり、たびたび休業してきた華原。 今年5月に3度目の休業から復帰したばかりだったが、所属事務所ではこれ以上のマネジメントは不可能と判断した(スポーツ報知」)。

もう仕事どころじゃない精神状態なのだろう。時折見せる異様なハイテンションな様子から、薬物依存ではないかと以前から噂にはなっていた。
事務所も様子を見てきたが、連絡もつかずに失踪状態でサジを投げたと
いうことか。

所属事務所から契約解除された華原朋美だが、薬物依存のひどい実態が
次々と報道されている。所属事務所関係者によると、「華原は以前から
私生活の不安を解消するために精神安定剤や睡眠薬、鎮痛剤、風邪薬などを大量に服用していた。『まるでお菓子のように大量にまとめてボリボリと口に入れていた』」(東スポ)とか。

薬物のせいか深夜に酩酊状態でぶっ倒れて警察に保護されることが今月
だけでも3回あり、そのたびに事務所は対応に追われたようだ。なお、
所属事務所の尾木社長によると、華原は「違法薬物ではないが、飲む量が尋常じゃなかった」(東京中日スポーツ)という。

なお解雇に至るまでの経緯は以下のとおり。まず再復帰した際に「尾木
社長は薬物に手を出さないよう、細かい禁止事項を盛り込んだ契約書を
書かせて最後の可能性に賭けた」という。しかし結局華原が違反行為を
繰り返した。

そして26日に尾木社長が華原からの電話を受けた時には、「ろれつが
回らず、会話にならないほどだった。その後は連絡が取れない状態が続いている」という。

なお同社長は、華原の自宅に、契約の解除を通達する法的内容証明付きの書類を送ったが、29日現在、本人が内容を確認したかどうかは不明。それどころか今どこにいるかも不明なわけだから、ひょっとすると最悪の事態もあるかもしれない。

華原を一番近くで見守ってきた尾木社長によると華原の薬物依存の原因について「男性の存在が背後にあるのかも」と述べている。ここまで事態が深刻になると、もはや早期の芸能界復帰は不可能で、一度専門的な施設で治療して人間として再起再生を目指した方がいいだろう。











U22女優“マル秘 ギャラリスト”公開!

6月も終わろうとしているこの時期、テレビの話題といえば、7月の新ドラマに話題集中ですよね!


今週発売された「週刊現代」には、極秘資料を元に、
7月新ドラマ「主演女優のマル秘ギャラリスト」(順位は?)が一挙に公開されました。

新ドラマの男優陣には、ジャニーズのアイドル達が名を連ねています。
一方、ドラマの運命をにぎる女優達の中では、最近、特に存在感を放っている“U22世代の女優”が、中心のようです。


今回は、7月新ドラマに主演しているU22女優のギャラをご紹介。

(A1話あたりの推定ギャラ B宣伝費&プロモーション費込みのギャラ C番組タイトル)  

=月曜日=
★井上真央(20)
 
A90万円 B1,400万円 C『ファースト・キス』(フジテレビ系 21時〜)

=火曜日=
★堀北真希(18)

A80万円 B1,200万円 C『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』(フジテレビ系 21時〜)
  
★相武紗季(22)

A70万円 B900万円 C『牛に願いを Love&Farm』(フジテレビ系 22時10分〜)

★志田未来(14)

A60万円 B700万円 C『探偵学園Q』(日本テレビ系 22時〜)

=水曜日=

★綾瀬はるか(22)

A 75万円 B 1,000万円 C『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系 22時〜)

=金曜日=

★加藤ローサ(22)

A 80万円 B 1,000万円 C『女帝』(テレビ朝日系 21時〜)

★加藤夏希(21)

A 30万円 B 400万円 C『スシ王子』(テレビ朝日系 23時15分〜)

=土曜日=

★北乃きい(16)

A 30万円 B 400万円 C『ライフ』(フジテレビ系 23時10分〜)

★成海璃子(14)

A 60万円 B 700万円 C『受験の神様』(日本テレビ系 21時〜)

=日曜日=

★新垣結衣(19)

A 75万円 B 1,000万円 C『パパの娘の7日日間』(TBS系 21時〜)



■井上真央。人気上昇中の彼女だけに、ギャラも好調なんですね、U22では、なんとギャラ1位!

■堀北真希が男装!? 異色ドラマに期待。

■視聴率女優となった志田未来。14歳が3ヶ月で700万円稼いじゃうのはスゴイ! 

■綾瀬はるか、映画にCMと好調な彼女にしては、ギャラが低めですよね…

■加藤ローサも、ギャラは好調の様子ですが、今回は“濡れ場”もありみたい。

■新垣結衣は、連ドラ初主演。ギャラも好調な様子で、新たな魅力に期待ですね



















アイドルと体の関係を持ったロリータ折口

6年前に芸能界を引退した元グラビアアイドルのS(24)が、発売中の「週刊ポスト」でグッドウィル会長の折口雅博氏(46)との“肉体関係”について衝撃告白した


グラビア・アイドルのSが17歳――高校3年生の時に折口雅博と出会い、月に2〜3回の頻度で食事に誘うようになったというのである。しかも、生活費の補助として100万円も…。ただ、彼女は、「お年玉」と称して100万円を貰ったこともあるし、ある時には200万円も…と言っている。そればかりか、「マンションを買ってあげる」と言われたこともあったそうだ。

2人の関係は5年間続いたという。Sは
「(折口雅博)会長と付き合っていた5年間は異常でした。お金がなくなれば、会長と食事をしてお小遣いもらえばいい、そう思っていましたから…」
と告白している。



でも、この金って、訪問介護サービスやスポット派遣のピンハネ等を食い物にして、国や弱者から騙し取った血税だろう!!

だいたい、100万円をお小遣いと言う感覚が理解できない。

 常識で考えれば、全て国に返還すべき金である。

しかし、問題は、それだけじゃない!! 

Sは、折口雅博と21歳で男女の関係を持ったって言っているが、こんな話が信用できるわけない。

誰から見ても“異常性欲”の折口が、そこまでガマンできるはずない! 

おそらく、Sが17歳の時に関係があったはずである。でなければ、5年間も続くはずがない。

だいたい、付き合っている時にロリータ折口はSの耳元で
「僕と君とは相性がピッタリだ」
なんて、よく囁いていたっていうじゃないか。それだけではない。
「君は僕と会えて本当に幸せだ。シンデレラより運が良いよ」
などともSの目を見つめながら語りかけていたというんだから、まさにエロジジイである!

このグラビアアイドルSは一体誰なのでしょう。色白で写真集やDVDも出版しており、大阪スポーツによると「新潟県出身で82年12月生まれ」とのことですが・・・。

噂では、グラビア・アイドルは「品田ゆい」らしい。
品田と南明奈、森下悠里は“折口三姉妹”といったところだ。

品田ゆいとは、どんなグラビア・アイドルなのか?
82年9月6日、新潟県生まれ。
T160 B84 W59 H86 S24。
99年11月にアルペンCMでデビューした。翌00年4月にフジテレビ「天気予報の恋人」でドラマ・デビューした。しかし、不祥事を起こして00年末に一度引退したが、02年6月には、名前を「YUI」に変え再デビューした。

詳細はhttp://idol.blogzine.jp/yui/で。





これって、どう見たって「児童買春・ポルノ処罰法」の疑いあり!だ。だって、17歳のSに、何もしないで何百万も渡す男だと思っているのか? 

だいたい、国から金を騙し取るような守銭奴の悪党なんだよ、折口雅博っていう男は!

それにしても「コムスン」でも逮捕されない、しかも取調べを受けない。今回も、明らかに「児童買春・ポルノ処罰法」の疑いがあるにも拘らず、何も調べられないっていうのは、もはや「法治国家・日本」は崩壊している。

誰か天罰を下してください。




















岡本綾、引退の真相は情緒不安定

女優の岡本綾が先日、芸能界を引退した。彼女は中村獅童の「飲酒スキャンダル」で不倫疑惑を報じられた。これが関係しているようだ。

一部で“結婚”と報じられているが、所属事務所を退社した本当の
理由とは?

「獅童は竹内との結婚前から岡本と親密な関係にあり、
不倫発覚までは、週に2〜3回も彼が彼女の部屋に泊まりに
来るほどの仲だった。
不倫発覚後は、本気で彼との結婚を考えていた。

ところが、獅童は優柔不断の権化みたいな男で、
不倫相手の岡本と再婚したら自分のイメージダウンになると、
彼女からひたすら逃げまわった。獅童に裏切られた岡本は、
そのショックで完全に落ち込んでしまったんです 」
(岡本を知る民放制作局関係者)

逃げまわったと聞くと、篠原ともえの時もそうであったようだ。

彼女は立ちなおったようだが、岡本綾はだめだったようだ。


週刊現代によると

「不倫が発覚した上、獅童と会えなくなって彼女は精神的に
不安定になってしまった。
撮影現場で『誰かに見られている』と不安を訴えたり、監督や
ディレクターの指示に突然、泣き出したりする奇行が目立つよう
になり、昨年秋頃からは『もう仕事を辞めたい・・・』と
繰り返すようになっていた。

事務所側はスキャンダルをバネに女優として開眼してほしいと
岡本を必死で説得。

一時は彼女も『必然性があればヌードもやる』と前向きだったそう
ですが、今年になって急激に仕事への意欲が失せ、
ついに5月に退社してしまったんです」(広告代理店関係者)
これに対して所属事務所は「円満退社」を強調するが、
ある事務所関係者は、
「本人が仕事に恐怖感を持つようになってしまったので、これ以上、
こちらも無理は言えず、もはや退社もやむを得ないと判断しました。

ちょうど最後に残っていたJAバンクのCM契約も切れて、潮時だったのかな、と」



獅童の態度からして、岡本のことも結局は火遊びだった。
岡本も悪いが、自分のことしか考えていない獅童の方が
もっと最低だ。

また、岡本の知人の証言では、岡本の自宅に獅童の
生活用品や着替えが普通に置いてあったという。

獅童は浮気症は一種の病気だな。
どこがいいのか私にはわからない。

それほど美男子とは思えないが。



















あなたが絶対に知らない、【たった数分で好きな人を見透かし、自在な恋愛をする法】 相手のハートを話さなくても丸裸にし、思いのままの恋愛ができるのですが、あなたもこの方法を知りたいですか?








トリノ五輪代表・今井メロに周囲が困惑している

デリヘル嬢疑惑に続いてキャバ嬢報道が飛び出した!



デリヘル嬢疑惑に続いて、キャバ嬢報道――。
トリノ五輪、スノーボード日本代表の今井メロ(19)がスキャンダルを連発しています。

 発売中の「女性セブン」によると――。

デリヘル嬢疑惑のメロだが、実は勤務先は大阪のキャバクラで、5月から週に3、4回働いているという。

メロは同誌に「本名で働いていますよ」と事実を認めている。

 
この騒動で一番頭を抱えているのは、そんなメロを支える関係者のようです。


メロはアスリートとして活動するためにマネジメント会社と契約し、スポンサーもついている。

まずはメロとスポンサー契約を結び、用具の提供や月数十万円の資金援助をしているスキーメーカー「ロシニョール」。

「一連の報道には困惑してます。好ましい話ではないですから。

契約の打ち切りですか? 本人は大阪にいて、まだ話ができていない状態なので、何とも申し上げることができません。

実力のある子なので、今すぐ結論は出しませんが、今後、慎重に見極めていきたい」



メロとマネジメント契約を結んでいるプロダクションI社も戸惑い気味だ。

「メロが友達に誘われ、2日ほどキャバクラで働いたことがあるのは事実ですが……。

シーズンに入ったらカナダで本格的にトレーニングを始めようと計画していたんです。

再スタートを切ろうかと考えていた矢先にこの騒動が起きて、災難に遭ってしまった感じです。

これ以上、騒動が拡大するようなら、マジメに対応を考えなければならないと考えています」
 

ホテヘルじゃなくて、キャバクラです!て威張ってもなぁ・・・。
スポンサーから援助してもらっているのであれば、
そのお金で生活して練習に励むべきなのでは。

これじゃスポンサーも月数十万も援助するだけ無駄だ。

ちなみに、メロは21日に発表された全日本スキー連盟の
2007−08年シーズンの強化指定選手から成績不振のため外れた。

今の彼女の姿勢では当然の結果かもしれない・・・。

















自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET! 愛車を少しでも高く売却したい方はこちらへ FXビギナーズシステム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。