女を性奴隷に育てる上げる裏SEXプログラム

押尾 学「新妻【矢田亜希子】“裏切り”不倫」 押尾学に不倫疑惑!OL宅を訪問

「LIV」のアーティスト名で活動する押尾学(28)に“不倫疑惑”が12日浮上した。今月上旬、都内に住むOL宅を訪問し、2時間ほど滞在した様子を、13日発売の雑誌「FRIDAY」(講談社)が報じている。押尾は昨年の11月に女優の矢田亜希子(28)と電撃結婚。結婚前から2人で海外旅行に出かけるなどオープンな交際でゴールイン。それからわずか5カ月での疑惑浮上となった。

 押尾の所属事務所は「不倫ということはございません。訪れたのは友人の彼女の家で、友人と彼女が一緒にいるところに押尾が遊びに行ったものです」と否定。

訪問して2時間ほど、それまで明るかった部屋が暗くなったそうな。
暗くする理由は・・・・



芸能界屈指の共演者キラーといわれる俳優の押尾学(27)。
一部では「交尾学」なんて呼ばれてるようです。


押尾学が抱いたと思われる芸能人

矢田亜希子

奥菜恵

伊東美咲

安倍なつみ

市井紗耶香

優香

平山あや

片瀬那奈

横山めぐみ

財前直見


うらやましい人多いのでは。











オンラインDVDレンタルならDMMがお得!









保阪尚希 衝撃の“出家”告白!出家先はあの占い師!

3月22日、“出家”の決意を告白する衝撃会見を行なった保阪尚希。左腕に数珠をし、囲み取材でなく1対1の会見をするなど、その決断の真剣さを周囲にうかがわせた。

 保阪は会見で、両親の本当の死は自殺だったこと、そして、その両親の死も含め色々辛いことがあったのにグレずにここまで生きてこれたのは、周囲の皆のお陰であること、などを語り、「これからはそのお返しを皆にしていきたい」と、出家の理由を伝えた。

 もともと、精神世界に関心が高かった保阪であるが、彼の出家という大胆な決断には、やはりその影響を大きく与えた人の存在があったようである。3月27日発売の「週刊女性」が報じている。

 同誌によると、保阪に大きく影響を与えたその人とは、あの有名な占い師の下ヨシ子さんであるという。そう、あの熊本の六水院の、霊能者であり予言者でもある、スーパーリッチ主婦の下さんだ。テレビ番組「芸恋リアル」でも活躍中だといえば、知らない人
はあまりいないだろう。

 「保阪は、彼女とテレビ番組の共演で知り合ったそうです。仕事の合間を縫っては熊本まで度々通っていたみたいです。彼は、下さんに迷惑がかかってはいけないと気遣い、その名前を口にしなかった。それだけ真剣な思いが伝わってきます」(スピリチュアル番組制作スタッフ)

 もともと、保阪は精神世界に関心があり、05年8月、“恋愛の神様”と呼ばれる占い師からのアドバイスで「尚輝」から「尚希」に改名した。改名の際、その占い師から「前の名前だと、人との出会いが良くない」と言われていたようである。「『今年の今ごろにはいいことあるかな』と言ってました。もしかしたら、それが下さんとの出会いだったのかもしれません」

 しかし、彼が出家を決意するまでには、つぎのような事情があるという。芸能レポーター・梨元勝氏が彼から直接、話を聞いたようである。

 彼は7歳で両親を亡くしたそうであるが、その死因は今まで交通事故であるとされてきた。
しかし、本当は自殺だったそうである。自殺の原因を祖母に聞くが教えてはくれず、彼はその時、“涙の封印”をしたのだそうだ。

 その後、両親のあまりに不幸な死の影響で、イジメも受けたという。

 そんな辛い経験を乗り越え、若いころ入った芸能界。一躍、人気が出るが、その陰で、保阪自信のトラウマは、後々まで尾を引いたそうだ。

 DVが原因だったとも言われている最初の離婚。2度目の高岡早紀との結婚では、おしどり夫婦を演じるが、その無理を続けることは出来ず離婚。そんな挫折感を味わう度、保阪は自分の内面と向かい合ってきたという。

 そして、両親の自殺、イジメ、今まで色々あったが、グレもせずここまでよく来たな、と自分で思い返す中、「それは、周りの人たちの支えがあったからだと気付いた」ということである。

 彼は剃髪はしないで、芸能活動をしながらの出家になるそうだ。今後は、携帯サイトや雑誌で一般の人の相談に乗る、などの活動をして「皆にお返しをしていきたい」とのことだ。




みのもんたのセクハラ騒動

朝の情報番組TBS系『みのもんた朝ズバッ!』の女子アナに
セクハラしたのに、なぜか当の女子アナが降板させられた
騒動が起きていた。

ズバリ、この女子アナは2年前のスタートから昨年10月まで
出演していた山田愛里である。


みのは最初は軽いノリで食事などを誘っていたが、
徐々にエスカレートして、「ボクの愛人になったらメーンキャスターにだってしてあげられる」などと電話をしたようだ。

山田はそれに関しては口を閉ざしているが、セクハラについては否定していない。


これまでも、番組でセクハラととられてもおかしくない言動を繰り返してきた。

確かに、視聴率がとれる男だけに慢心しているようだ。
傷がつくのも覚悟のうえかも。



ビビる大木は年間270本の「バータータレント」!?

ビビる大木はよく「ラジかる」で中山秀征から「バータータレント」と呼ばれている。ナベプロで数字を持っているタレント、たとえばフジで「ネプリーグ」という看板番組を持ってるネプチューンを出す代わりに大木も抱き合わせでどこかに出演させるという感じか。

大木はそのことで中山に突っ込まれた際に、「年間270本」という数字を言っていた。270本というのは、けっこう具体的な数字だ。

「ラジかる」が週1で年間50本。「チンパン」が週に4日で年間200本。
あとは不定期のバラエティか。うーん、これが全部バーターとは、
恐るべし大手事務所。



★ 芸能界引退の飯島愛にIT社長転身説が浮上へ

芸能界引退を表明している飯島愛にネットビジネス進出の噂が出ている。
背後にいるのはサイバーエージェントの藤田社長だ。

藤田氏は最近ミクシィが上場して1000億円の利益を出したことに注目しており、アメーバブログの上場を狙っているという話もある。また「ミクシィにショッピングモールの機能を持たせたサイトを別会社に立ち上げさせる。飯島をそこの広告塔兼社長にする」(東スポ)という情報もある。

飯島と藤田氏は同社のネット配信番組で共演したこともあり、かかわりは深い。これには実は飯島サイドの思惑も絡んでいる。

「飯島が狙っているのは神田うのと同じポジション。芸能界で身をすり減らしながら自身の商品価値を維持するより、実業家に転身し、メディアを利用しながら生きていくことの方がはるかに”おいしい”はずです」
(東スポ)。

まあ経営者としての力量は未知数だが、なにか期待させるものはある。
もし飯島が実業界でも成功を収めたならば、これはこれで飯島に続く女性タレントが次々に出てくる可能性もある。そういう意味では道なき道を行く開拓者としてがんばってほしい。




自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET! 愛車を少しでも高く売却したい方はこちらへ FXビギナーズシステム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。